日本ではとかく番組でもTVドラマでも映画でも感動モノしか受けないからとそればかりになっている 今朝も昨年の神奈川県相模原の身体障害者施設での事件で被害者の人のことを思ってその人を表す品々をイラストにしようと紹介 これがボランティアならまだわかる さらにこれって映像化されていることが疑問なのである。 往々にして映像化された犠牲者の多かったニュースではその遺族の手記がその後公開される これって遺族がのぞんでマスコミや出版社にお願いして作っているのかと聞きたいのである。 もしこれが逆なら、マスコミや出版社がただ彼らのビジネスのために利用しているだけならどう思うのかと そもそも精神的に不安定な状態になっているはずなのに日本ではセラピーのしくみもないので、本来はそこで心理的、精神的な話をして医者は秘守義務で守られる。またこれも日本にはないけど被害者だけを集めてその心情を語ることで気持ちを和らげるようなサークルのようなものも地域ごとにない。 そこでも秘守義務があるはずである。 でも日本ではマスコミも出版社もそれを公開したがる。 ここが疑問なのである。なぜ日本はそれしかないのかと。結局、彼らのビジネスのためにやっているだけではないのかと。たぶん売上のいくらかは入っていろいろ役立てられるとか言っているはずだけど、それがすでに利益主義になっている。 本来はセラピストやそういう境遇を経験した人だけに伝える内容ではないのか。世間に公開する必要がああるのかと。 それならなぜずべての犠牲者にそれをやらないのかという疑問もある。それで精神的に治療の効果もあるなど遺族に何らかのメリットがあるならいい。 映像を見ていると同情してくれと言っているようにも聞こえてしまう。 日本はひとつ始まると他も真似るので、そればかりが目立つからこのような記事を書かざるを得なくなるのかもしれない。 この真似をする、どこでも取り扱うという傾向もやめてほしい。 どうしても日本の場合は本来のその職業が存在する理由から、その関係者のプロ意識がとても低く見えるのである。つまり真似ではなく差別化がないから、さらに利用するものばかりで、利用される側のビジネスが少ない。 だから目に見えるものはすべて楽をしているように見えてしまうのである。努力の結果ではなく他と同じことをやれば批判も浴びないし、それで報酬ももらえるという状態が異常だと言いたいのである。
" />

Home » 今朝のテレビ番組を見て思うこと »素朴な疑問 » Currently Reading:

ふと思うこと~手記とかイラストって被害者の意思なのか?

日本ではとかく番組でもTVドラマでも映画でも感動モノしか受けないからとそればかりになっている

今朝も昨年の神奈川県相模原の身体障害者施設での事件で被害者の人のことを思ってその人を表す品々をイラストにしようと紹介

これがボランティアならまだわかる

さらにこれって映像化されていることが疑問なのである。

往々にして映像化された犠牲者の多かったニュースではその遺族の手記がその後公開される

これって遺族がのぞんでマスコミや出版社にお願いして作っているのかと聞きたいのである。

もしこれが逆なら、マスコミや出版社がただ彼らのビジネスのために利用しているだけならどう思うのかと

そもそも精神的に不安定な状態になっているはずなのに日本ではセラピーのしくみもないので、本来はそこで心理的、精神的な話をして医者は秘守義務で守られる。またこれも日本にはないけど被害者だけを集めてその心情を語ることで気持ちを和らげるようなサークルのようなものも地域ごとにない。

そこでも秘守義務があるはずである。

でも日本ではマスコミも出版社もそれを公開したがる。

ここが疑問なのである。なぜ日本はそれしかないのかと。結局、彼らのビジネスのためにやっているだけではないのかと。たぶん売上のいくらかは入っていろいろ役立てられるとか言っているはずだけど、それがすでに利益主義になっている。

本来はセラピストやそういう境遇を経験した人だけに伝える内容ではないのか。世間に公開する必要がああるのかと。

それならなぜずべての犠牲者にそれをやらないのかという疑問もある。それで精神的に治療の効果もあるなど遺族に何らかのメリットがあるならいい。

映像を見ていると同情してくれと言っているようにも聞こえてしまう。

日本はひとつ始まると他も真似るので、そればかりが目立つからこのような記事を書かざるを得なくなるのかもしれない。

この真似をする、どこでも取り扱うという傾向もやめてほしい。

どうしても日本の場合は本来のその職業が存在する理由から、その関係者のプロ意識がとても低く見えるのである。つまり真似ではなく差別化がないから、さらに利用するものばかりで、利用される側のビジネスが少ない。

だから目に見えるものはすべて楽をしているように見えてしまうのである。努力の結果ではなく他と同じことをやれば批判も浴びないし、それで報酬ももらえるという状態が異常だと言いたいのである。

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives