Home » 今朝のテレビ番組を見て思うこと » Currently Reading:

この意見には賛同できる、単なる銅像に反応しすぎ

January 29, 2017 今朝のテレビ番組を見て思うこと No Comments

河野氏はこの日、共同通信が主催した講演会で「外交上どんな問題解決方法を持っているのか」と述べ、韓国に設置された慰安婦少女像に対する日本政府の対処は間違っていると皮肉った。河野氏はまた。「帰れと言うことができず大使不在が続いている」と述べて駐韓大使の一時帰国措置がまねいた問題点を指摘した。一方、日本政府が韓日通貨スワップ交渉を中断させたことに対しては「慰安婦問題を他の問題に拡大しないようにしようと言っているが、拡大させているのは日本」と批判した。(ニュース記事より引用)

日本ってやはり敵を作ることがメインで積極的平和主義になって、とかく批判をする国は敵かのようにかみつくようになった

それもこの問題の相手は単なる銅像、さらにこれは完全に日本による内政干渉

どの国でも他国からの批判は必ずある。批判でなくても要求という言い方もある。

普通貿易などであれば要求を会談とか会合とかでお互い条件を述べて折衷点を見つけて合意する

でもそれも時代とともに変化は必ずする

この銅像だって政府間で合意したからといって民間がやることに政府はいちいち法律でも作らないかぎりは規制もできないはず

仮に規制して銅像がなくなっても、憎しみは残るだけである。

ただ彼らはそれを忘れないために銅像を作っているだけではないか。

日本でも何かを忘れないために記念碑を作るではないか。それと同じである。

たかだか銅像ごときに政府が過剰反応するなんて。

これでは日本を批判すれば日本叩きは簡単ということでもあるし、平和を維持するという姿勢も違うと思う国も出てきてもしょうがない。

さらに日本のまずいことは何か問題があると他の関係も潰そうとする。本来はそれぞれが独立していなければ、それこそ日本は孤立するだけ

我慢しろとは言わないけど批判を受けていることに感情や姿勢や行動で反応するのではなく、あくまでも話し合いで合意点を見るつけるべきではないか。

日本は本当に批判を解決する能力がないに等しい。どんどんと敵を作っているだけだ。

日本は集団主義なので、ひとつの考え、思想が独り歩きして、それに従えのような報じ方もあるので、とても危険な国でもある。

あのおとなしい、表面上は何も問題がないけど、何かきっかけを与えるとすぐに怒る、突発的に暴力をふるうのと同じでとても怖いし危険な国でもある。

個人主義ではその人も持つ思想や考えは尊重される。そして議論があって、間違いを是正する。日本は集団なのでひとつの考えを押し付ける傾向もある。それが怖いのである。それができないと暴発する危険があるということ。

 

Comment on this Article:

AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives