Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

核の抑止って日本だけなのか、他の国はどうなのかが不明

March 28, 2017 ニュースに関するコメント No Comments

核兵器を法的に禁止する初めての条約の制定を目指す交渉がニューヨークの国連本部で始まりましたが、アメリカをはじめとする核兵器の保有国は参加せず、唯一の戦争被爆国として核廃絶を訴えてきた日本も参加しないことを表明し、核軍縮をめぐる各国の立場の違いが際立つ形となっています。(ニュース記事より引用)

日本はいつも核の抑止力が必要とアメリカに賛同して核兵器の存在を容認しているけど、他の同盟国はどうなのだろうか。

もし核の抑止がなくてもいいと思っている同盟国があればそれをなぜ日本はやらないのか

もし核の抑止力が日本以外でもあるなら、そこはこの条約に賛成なのか反対なのかもわからない

日本の報道のまずさは日本だけの事実しか言わないから疑問が多すぎる。

結局、日本は核兵器を持って敵に対抗したいだけではないか。それが国民世論や被爆国ということもあって、それが言い出せないから核の抑止力と便利な言葉でアメリカべったりになっているだけではないか。

まず今の日本では核兵器根絶は無理、逆に言えば、民主主義的に考えれば核を持っていようがそうでなくても投票権は1票なのだから、数では圧倒的に核兵器を持たない国が有利。

国連で5カ国だけ特別な権限を与えていることも問題、国連とは違い組織をつくればいいだけではないか。

日本は核兵器を持っているのと同じ扱いなのだから、被爆国だからというのはもうどうでもいいこと。日本には核兵器をなくすだけの力はないということだけだ。

Nuclear-weapon-free zone
https://en.wikipedia.org/wiki/Nuclear-weapon-free_zone

これを見ると南半球諸国はほとんどが核兵器に関係ない地域のようだ。つまり北半球の都合とも言える

Comment on this Article:

March 2017
S M T W T F S
« Feb   Apr »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives