Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

日本のアンケートや統計データは何のためなのかが不明で意味のない数字ばかり

April 2, 2017 ニュースに関するコメント 1 Comment

「現在の社会に全体として満足しているか」との質問に「満足している」と答えた人が前回調査比3.9ポイント増の65.9%に上り、2009年の設問開始以来最高を2年連続で更新した。「満足していない」は同3.9ポイント減の33.3%で過去最低だった。 国の政策に民意が「反映されている」と思う人は、同4.7ポイント増の34.6%で過去最高水準に迫った。「良い方向に向かっている分野」(複数回答)としては、「医療・福祉」(31.4%)、「治安」(22.0%)が共に同2.2ポイント増と伸びが目立った。(ニュース記事より引用)

 

永田町は都合のいい数字だけを公表する

だって「いじめ」って以前はゼロだった。失業率も相変わらず仕事を欲しているだけ対象にしているし、統計の基準がそもそも都合のいい数字を出すためのものでしかない

社会に満足が正しいなら中央集権主義も必要ない、地方分権にして、永田町の権限を大幅に減らすことだ

だって最近は管理監督とか責任とか言われるような事件が多いけど彼らは何もやっていないではないか。いつも何かあったら調査をするということばかり。

でも満足と言うのだから、それは「永田町スケール」のせい。霞が関がなくなれば日本はもっと良くなる。

永田町の常識と一般国民の常識は違うって十数年も前から言っていたことではないか

本来統計は民間からも出ていいはず。よく日本は欧米の報告書も引用して記事にしているけどその大半は民間からの報告。日本って統計データは行政府からしかでないのか。本来基準が異なるのだから、民間からもいくつも出ていいはず

もうひとつ統計データを取って高報酬もいいけど、そのデータで政策として何がどう変わったのかも記事にするべき。何もない単なるデータの結果の報告だけなら、あまり意味がない

今の社会に満足なら消費増税も今後はたぶんないだろうね。多数決すると6割が8%で満足ともとれるから、10%なんてありえない

このような記事もいいけどアンケートを取るならどうすれば日本はよくなるのかと聞くほうが現実的ではないか

アンケートの項目を質問で聞かれても聞かれたほうは基準が違うからである。

何をもってOK/NGとするかということ。そこはアンケートの一番の問題

アンケートを取る目的もはっきりしていないことも問題、取るなら何か傾向を調べて何かに対応することがあるはずだ。

それが政策ならそれが具体的にどの予算にどういう名目で反映しているのかも記事にしないと意味がないということ

日本のマスコミはただ相手が出したことをただ記事にするだけなので、そこからは何も見えない。単なる伝聞報道にすぎない

Currently there is "1 comment" on this Article:

  1. tetsujikenny says:

    ついでに書くと為替や株価もいい加減な報道ばかり。前日比なんてどうでもよくて、その刻々と何が起きて結果、値がどうなったのかが問題であって、それが記事になるべきこと、2万円を超えたとか超えそうだとか平均なのに、何か目標を決めて操作でもしているような報道も変

    その日にかなり値動きしたのか、ほとんど変わらなかったのかも重要なのに。

    意味のない報道が日本では多すぎる。

Comment on this Article:

April 2017
S M T W T F S
« Mar   May »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives