Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

日本はアメリカの軍事行動にも加担、北朝鮮情勢に日本も参戦に!!

May 1, 2017 ニュースに関するコメント No Comments

安全保障関連法に基づき、平時から自衛隊が米軍の艦船などを守る「武器等防護(米艦防護)」について、稲田朋美防衛相が初めて自衛隊に実施を命令したことが政府関係者への取材で分かった。米軍の要請に基づき、1日から海上自衛隊の護衛艦が太平洋沖で米海軍の補給艦を防護するという。北朝鮮情勢をにらみ、日米の連携をアピールするのが狙いとみられる。(ニュース記事より引用)

傍からみるとアメリカ軍って他国に防護でもしてもらわないと駄目なのかという印象を受けるし、さらに日本もアメリカとともにある、つまり有事になれば日本もアメリカと同じと敵とみなされるということになる。

こういう防衛上の戦略?は公開しないほうがいいのではないか。

ただ敵は日本が防護しようがどうでもいい話だとは思うけど、経験不足の日本がアメリカの本来の戦略を邪魔だけしなければいいと思う。

積極的平和主義は結局、アメリカとともに軍事的行動にも介入するということがよりわかった。

たぶんアメリカ、中国、ロシアでは朝鮮半島を今後どうするのか(統一も含めて)も決めているはず。

つまり本来なら中国もロシアも北朝鮮がなくなっても領土は確保したいはず。アメリカはどちらかというとここは民族統一で民主主義国家にすると思う。ロシアも今は民主主義なので、そこは同意してくれると思う

ただ占領すると分断のままなので、すでにアメリカとはこの議論もして結論はでているはず

個人的にはやはり民族統一としてひとつの国になって欲しいしそこには国民主体の国、民主主義国家を作って欲しい。

中国とロシアがそれに同意するように日本政府も交渉の場で話題にしてほしい。それが平和主義国家の役割ではないか。

アメリカ軍とともに軍事行動も一緒にやろうという姿勢には反対。下手すると中国とロシアも軍事的に日本の敵になる可能性もある。

さらに言えば待てば東京オリンピックもある。ISISがそれまでに壊滅すればまだいいけどもし残っていて北朝鮮と組むとなると東京オリンピックが標的になる可能性もある。

準備にまだ3年あると思えば、北朝鮮は挑発はするとしてもまだ中国やロシア、フィリピン大統領にローマ法王まで話し合いで解決と言っているので3年は待てるはず

日本は本来ならこの平和的に交渉で解決する側にいてほしかった。でもアメリカがいると思ってか、軍事介入までしようと訓練まで命じている

たぶん日本は戦争になれば必ず巻き込まれる。戦争にならなくてもテロの標的には今後ますますなり得る。

早々に中立宣言をして、あくまでも交渉で解決する側になってほしかった。

日本のメディアもなぜこのような論調の記事もないのだろうか。すべてアメリカとともに戦おうと煽っているしネットでもそれを支持しているではないか。そんなに軍事的解決を望んでいるのだろうか。

さらに言えば何かと国際会議の前に日本だけが外交を通じて根回しをしているというのも滑稽だ。その場で議論でものごとを決める力が日本政府にはない。

Comment on this Article:

May 2017
S M T W T F S
« Apr    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Related Posts

Archives