Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

素人大臣はなぜ断らないのだろうか、記者や野党議員は知らなくてもいい、質問してその分野に詳しい大臣に質問すればいい

August 6, 2017 ニュースに関するコメント No Comments

3日の内閣改造で就任した江崎鉄磨・沖縄北方相(衆院愛知10区)が5日、地元・愛知県一宮市で、今後の国会答弁で立ち往生するのを避けるためとして「役所の答弁書を朗読する」などと記者団に語った。北方領土問題について「素人。皆さんの知恵で色をつけてもらう」とも語った。(ニュース記事より引用)

この記事で素人、知恵は記者から聞きたいというように聞こえるのだけど、本来記者は詳細は知らなくてもいい。

記者はその分野に詳しい大臣にわからないことを質問できる。それがひとつの特権でもある

このような素人大臣は早々に自ら辞めるべきだ。

日本の政治家は役人の作成した作文を読んでいるのもすでにわかっている。国会でもそればかりではないか。

もっと記者も野党議員も大臣には事前に質問状も出さなくてもいいくらいに質問攻めにして、大臣もすぐに即答できなければ意味がない

そもそも日本の大臣は行政のことを知らないではないか

この記事の大臣はすぐに辞めるべきである

たぶん安倍首相も大臣経験者でないので、彼も行政のことはわからないはず

この記事の議員は何年政治家をしていて何を学んできたのだろうか

Comment on this Article:

August 2017
S M T W T F S
« Jul   Sep »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Related Posts

Archives