Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

日本の根本的な問題は問題だと認識していてその改善方法もわかっているのに何もしないこと

August 23, 2017 ニュースに関するコメント No Comments

日本はとかく犠牲者が出るまでは問題をほったらかしにする傾向が強い

昨日の秋田での火災でもたぶん密集地、火災関係に関する事前の問題意識などあったと思う

でもその問題とわかっていて何もしないところが問題だと誰も気が付かない

ただ犠牲者が出るまでほったらかし

前にトンネルでの崩落事故、高速道路の継ぎ目への衝突事故なども事故が起きて、その後全国にはそのような箇所がいくつもあると記事になる

耐震補強だって同じだ。学校などに必要と言いながらその対策が遅れている

すべて問題だという意識はあるjのに何もしていない印象がある

この火災で密集地、木造建築などもわかっていること。スピリンクラーがないと指摘していてそれを民間任せになっていてそれをやらなかったことで犠牲者が出たケースもある。

この密集地と思えば環境担当はその状態をすぐに改善するべきである。

なぜ日本は問題だとわかっていても何もしないのだろうか。

こういうわかっていても何もしないというのはその問題を提起した組織や個人も含めて責任がある

今の日本は犠牲者が出るまではほったらかし、出たらマスコミは大騒ぎ、そして何もなかったかのように消えていく

その繰り返しばかりだ

Comment on this Article:

August 2017
S M T W T F S
« Jul   Sep »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives