Home » 一般 » Currently Reading:

週休3日を実施できる企業は中小企業やアルバイトに仕事の押し付け

September 11, 2017 一般 No Comments

今朝のNHKの特集で週休3日の企業の話をしていた。

まず給料は休日も含めて設定しているので、1日休日が増えたということで給料が減るのは間違い。有給も本来残れば給料は従業員に払わなければならない

そして休日が増えても結局、非正規社員や取引先に仕事が追加になって、ある種の企業の行政化である。監督するのが大企業、その他は対等ではなく仕事を押し付ける状態になるだけだ

また日本は何でも屋そ育ているのだが、それも押し付けられる方は苦労するし、それ一方は仕事が楽になり一方は負担になる。これもまずい

結局、週休3日はそう増えない、そもそも有給も取られない状況で休日を増やすという方法が果たしていいのか

効率化を考えるならひとつは毎日定時で終わるようにすることだ。ただ企業は先にも書いたように休日も含めて給料が払われているので、何かあったときは残業や救出が課せられる。

多くの企業に属さない人にとってはどうでもいい話。私も24/365休日もない。だって自分のスキルは世界の基準からすると1-2割しかないと認識しているからだ。休みは毎日食事時間や睡眠時間で取っている。

失業者にも休日という概念はない。休日というのは仕事をしている人にあるものであって、失業者にはない。毎日休日とも言えるしそれはその本人の計画で決まる。

ともかくも企業の行政化、管理をすることによる楽化が進んでいる。これで個人のスキルが上がるのだろうか。

Comment on this Article:

September 2017
S M T W T F S
« Aug    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Related Posts

Archives