Home » 一般 » Currently Reading:

家族介護、その介護する側の家族にも評価制度の導入を

October 1, 2017 一般 No Comments

政府もいい加減で家族介護の方針をだせば、家族が介護職員以上の働きをしてくれて費用もかからずと思っているようだ。

でも現実、家族がそういう介護の教育も受けたこともないのに、突然介護をする状態になったときに、その人の適材性や経済的な状況を見た上で、ランク付けというか段階はつけてそれなりの支援を家族にもするべきである。

昨今、介護疲れや介護放棄という記事もあるけど、基本は介護はいやな状態なのではないか。

あの子育てでもそのやり方もわからないままに放棄や虐待も起きている。

そうなればやはり介護だけではなく子育てもそれを担う家族には評価制度も必要で、子育ても介護も無理となれば公的に守る、ケアするしくみが必要ということ

どれも経済的なことでできない、続けられないという問題もある。

今の日本は放任主義、何いがあれば事件になる。でもそれまでは無視もいいところだ。

所詮、家族介護にしても子育ても認定制度を入れると責任問題にもなるからか、政府もやろうとしない

結局、どうしたいのだろうか。事件でも起こして、あるいは貧困生活にでもなって、あとはかってにやってくれとするのかと

今の日本はとても貧しい国になってしまった。なんでもかんでも金がないとやっていけないということ。

このままでは長寿国でありながら少子化、さらに介護貧困などレッテルがどんどんと増えていき、気がついたときには助けようもできないほどになっているのかもしれない

やはり介護も病気も教育も子育てもビジネス化するのは問題が多すぎる。競争で差をつけて金でランクで分けるのが問題だと言うこと

Comment on this Article:

October 2017
S M T W T F S
« Sep    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives