自民党総裁の安倍晋三首相は7日夜、衆院選公示を前に与野党8党の党首によるネット討論会に参加し、憲法9条の1項、2項を残し、自衛隊の存在を新たに書き加えるとした自身の提案をめぐって「シビリアンコントロール(文民統制)をしっかり明記する」と述べた。自衛隊の憲法明記に対する国民の不安を払拭(ふっしょく)するねらいがあるとみられる。(ニュース記事より引用) 安倍首相は前に有事などになったときに首相権限で国民に愛国心のもとに命令できるようにしたいという記事もあった。つまり首相が国民に兵役を課すと言えば逆らえなくなるということ。 その後それはどうなったのだろうか? 憲法は改正する前に国民投票もあるのだから、今回の選挙だけでどうこうという問題ではないと思う。 そもそも日頃から国民も憲法改正の議論もしないではないか さらに言えば北はいるから改憲が必要と言っているようにも聞こえる。永世中立になれば敵/味方という区別もなくなるので、このような議論にはならない さらに他の政党の憲法に盛り込む内容が地方分権など細かすぎる。憲法は基本だけ決めればいい。 ところで自衛隊は有事なれば国民の救出に行けれるのかと、現実に考えればアメリカの州兵のようなもの、民間の協力も必要 憲法改正はそう簡単にできないことから今のうちに変えておこうとする意図もあるようだ 他の国ではクーデターなどで憲法も無視するケースもある。今は敵がいるから憲法改正も必要と言う議論はおかしい あのアメリカで脅威を感じ自分や家族を守るために銃は必要というのと同じ理屈。銃を持つ権利はアメリカの憲章にあるけど、日本も自衛隊を軍隊と認めたいようだ。そうすれば派兵もできるし、国際貢献もできるということなのかも
" />

Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

憲法改正はいずれするとしても国民投票もあるし、今回の選挙だけで決まるものではない

October 8, 2017 ニュースに関するコメント No Comments

自民党総裁の安倍晋三首相は7日夜、衆院選公示を前に与野党8党の党首によるネット討論会に参加し、憲法9条の1項、2項を残し、自衛隊の存在を新たに書き加えるとした自身の提案をめぐって「シビリアンコントロール(文民統制)をしっかり明記する」と述べた。自衛隊の憲法明記に対する国民の不安を払拭(ふっしょく)するねらいがあるとみられる。(ニュース記事より引用)

安倍首相は前に有事などになったときに首相権限で国民に愛国心のもとに命令できるようにしたいという記事もあった。つまり首相が国民に兵役を課すと言えば逆らえなくなるということ。

その後それはどうなったのだろうか?

憲法は改正する前に国民投票もあるのだから、今回の選挙だけでどうこうという問題ではないと思う。

そもそも日頃から国民も憲法改正の議論もしないではないか

さらに言えば北はいるから改憲が必要と言っているようにも聞こえる。永世中立になれば敵/味方という区別もなくなるので、このような議論にはならない

さらに他の政党の憲法に盛り込む内容が地方分権など細かすぎる。憲法は基本だけ決めればいい。

ところで自衛隊は有事なれば国民の救出に行けれるのかと、現実に考えればアメリカの州兵のようなもの、民間の協力も必要

憲法改正はそう簡単にできないことから今のうちに変えておこうとする意図もあるようだ

他の国ではクーデターなどで憲法も無視するケースもある。今は敵がいるから憲法改正も必要と言う議論はおかしい

あのアメリカで脅威を感じ自分や家族を守るために銃は必要というのと同じ理屈。銃を持つ権利はアメリカの憲章にあるけど、日本も自衛隊を軍隊と認めたいようだ。そうすれば派兵もできるし、国際貢献もできるということなのかも

Comment on this Article:

October 2017
S M T W T F S
« Sep   Nov »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Related Posts

Archives