Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

偽装大国日本: 組織文化を変えるには経営陣を総入れ替えしないと無理

October 9, 2017 ニュースに関するコメント No Comments

アルミと銅製品の性能データの改ざんが発覚した神戸製鋼所は、過去にも深刻な法令違反や不正が発覚し、トップの辞任に発展したこともある。昨年のグループ会社でのデータ改ざんを受け、神戸製鋼は川崎博也会長兼社長の指示で今年5月、社員の行動規範を改めて定めたが、負の連鎖は止められなかった。(ニュース記事より引用)

これは政党でも行政でも企業でも同じだけど組織文化はそう簡単には変えられない

政党でも例えば失言をしてもお互いに守ろうとすると、金の問題も事務局の問題だと政治家は逃げるなど基本的なことは受け継がれるだけで外から指摘があっても改善はしない

本来政党の場合はまだ政権交代をすることで変わる可能性も。でも日本の場合、自民党出身が多いこともあって悪しき習慣はずっと受け継がれていく

記事の場合は企業、企業の組織文化があって中では当たり前でも外から見ると変なことも多い。今の日本の企業はその悪しき組織文化のために偽装や会計不正など平気で行うことが常識になっている

これの解決は経営陣を変えるしかない。交代ではなくすべてクビにして、あたらしい人を外から呼ぶしかない。そこまでやらないからこの記事の企業は問題を繰り返すのである。

欧米では転職が主なのでこういう問題は起こりにくい。人が変われば組織文化も変わるからである。経営陣だって失敗すればすぐにクビだから経営陣も変わることでよくなれる。

日本もこの悪しき習慣を変えるのは入れ替えをするしかないことを認識するべき。過去の問題を引き継ぐという状態を変える方法はリセットが必要で、その状態を知っている人がいる限り変わることは無理

Comment on this Article:

October 2017
S M T W T F S
« Sep    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives