やはり日本でこれまで何度も話題になってきたことがある そう日本が抱える諸問題は自公政権では解決しない、話題になっているマニフェストにかかれていることは毎回出てきては実行したことはない、改善しないままになっている これは政治家という職業を温存するための手法とも言える。本来政治家には任期があるのだからその間に道筋をつけて目標とする「いつ」までに解決しなければならない でも子育てにしても借金漬け、景気の低迷など諸問題はいつもマニフェストにあって、どの政党も解決できていない。 解決する方法があるならすでにその話題にはならない さらに昨日の各政党の街頭演説でも当初の演説と同じであって、選挙で有権者からの質問や候補者同士の討論会もない日本では選挙期間というのは意味がない むしろ非難合戦ばかりが目立ち、素人日本のマスコミもそれしか話題にしなかった 結果はすでにわかっている そう途中で公表するマスコミの結果、投票しても無駄だと感じる人もいる。それは以前から同じだ。 民主党政権のときはそれが違っていた。その後の民主党は有権者の声を聞かず、自分の政党内のゴタゴタを見せただけだった 記事では自公に問題を解決してほしいという意見もあったけど先の説明のように、自公では無理ということはすでにわかっている こういうときはできないとわかっていても最大4年任期だから他の政党に任せるべき 日本は野党が直接行政府から情報も得られないという問題もある。行政府と野党の審議も聞いたこともない 野党にも政権を経験させないと、我々国民が自公のやりたい放題を容認していることにもなる そう今の政治やマスコミの素人並はすべて国民の責任とも言える。それは日本全体の素人さと同じ ここはまずは経験させて、さらに国民からの批判も浴びさせ、本来プロとしての政治やマスコミが日本には必要 今の日本はどの分野もプロらしさが消えてきた。見た目は大人なのに批判に対しては言い訳ばかり。多くの企業も偽装ばかり。表に見える職業の多くが素人と同じ すでに欧米とはその差が大きく、さらに韓国や中国とも違いも出てきて、日本はガラパゴス状態を自分たちで作っている 変化は自公では無理、野党でもたぶん無理、でもまた自公でもいいとするなら、日本は永遠に変わらないし、自公という政党が日本を動かす、有権者の声ではなく今ある問題を解決することもなく、彼らの主義主張である憲法改正だけが行われるだけになる。いや毎年度に借金を積み上げ、その補填が消費税、つまり彼らの失策の付けは国民が代償を払っているという構図 でも実際はすべて永田町霞が関が日本をコントロールしている。地方分権ではなくすべて中央が地方をも仕切っている 中国政府と同じ 中国はまだ5年毎の目標もあるし、外も見て経済など目標を持って実行しているから成長もしている。 でも日本は4年毎の目標もなく諸問題は永遠に継続、目標もないのに成果があると言い、国民に評価を求めている。 中国などは変化をしながら欧米と歩調をあわせているけど日本は過去に回帰。現状で満足している 選挙の結果はすでにマスコミ報道で出ているようだ。結果を崩せないのだから選挙には行かない。これは昔と変わらない。 選挙前と同じようにマスコミも毎年、政策ではないところを記事にして、野党もそれだけを国会で追求する。でも何も解決しない 考える力を失った日本、周りにあわせるだけの日本、責任を取らない、集団主義でみんなで責任をとる姿勢、行政府や政治が責任を取ることもない日本 いつになったら日本は変わるのだろうか いつになったら日本は独立国家として主体性もあって、欧米と同じように今から未来を見えるようになるのだろうか。
" />

Home » ニュースに関するコメント » Currently Reading:

やはり選挙の途中経過が問題、選挙をやっても選挙前と同じなら、期待はできない

October 22, 2017 ニュースに関するコメント No Comments

やはり日本でこれまで何度も話題になってきたことがある

そう日本が抱える諸問題は自公政権では解決しない、話題になっているマニフェストにかかれていることは毎回出てきては実行したことはない、改善しないままになっている

これは政治家という職業を温存するための手法とも言える。本来政治家には任期があるのだからその間に道筋をつけて目標とする「いつ」までに解決しなければならない

でも子育てにしても借金漬け、景気の低迷など諸問題はいつもマニフェストにあって、どの政党も解決できていない。

解決する方法があるならすでにその話題にはならない

さらに昨日の各政党の街頭演説でも当初の演説と同じであって、選挙で有権者からの質問や候補者同士の討論会もない日本では選挙期間というのは意味がない

むしろ非難合戦ばかりが目立ち、素人日本のマスコミもそれしか話題にしなかった

結果はすでにわかっている

そう途中で公表するマスコミの結果、投票しても無駄だと感じる人もいる。それは以前から同じだ。

民主党政権のときはそれが違っていた。その後の民主党は有権者の声を聞かず、自分の政党内のゴタゴタを見せただけだった

記事では自公に問題を解決してほしいという意見もあったけど先の説明のように、自公では無理ということはすでにわかっている

こういうときはできないとわかっていても最大4年任期だから他の政党に任せるべき

日本は野党が直接行政府から情報も得られないという問題もある。行政府と野党の審議も聞いたこともない

野党にも政権を経験させないと、我々国民が自公のやりたい放題を容認していることにもなる

そう今の政治やマスコミの素人並はすべて国民の責任とも言える。それは日本全体の素人さと同じ

ここはまずは経験させて、さらに国民からの批判も浴びさせ、本来プロとしての政治やマスコミが日本には必要

今の日本はどの分野もプロらしさが消えてきた。見た目は大人なのに批判に対しては言い訳ばかり。多くの企業も偽装ばかり。表に見える職業の多くが素人と同じ

すでに欧米とはその差が大きく、さらに韓国や中国とも違いも出てきて、日本はガラパゴス状態を自分たちで作っている

変化は自公では無理、野党でもたぶん無理、でもまた自公でもいいとするなら、日本は永遠に変わらないし、自公という政党が日本を動かす、有権者の声ではなく今ある問題を解決することもなく、彼らの主義主張である憲法改正だけが行われるだけになる。いや毎年度に借金を積み上げ、その補填が消費税、つまり彼らの失策の付けは国民が代償を払っているという構図

でも実際はすべて永田町霞が関が日本をコントロールしている。地方分権ではなくすべて中央が地方をも仕切っている

中国政府と同じ

中国はまだ5年毎の目標もあるし、外も見て経済など目標を持って実行しているから成長もしている。

でも日本は4年毎の目標もなく諸問題は永遠に継続、目標もないのに成果があると言い、国民に評価を求めている。

中国などは変化をしながら欧米と歩調をあわせているけど日本は過去に回帰。現状で満足している

選挙の結果はすでにマスコミ報道で出ているようだ。結果を崩せないのだから選挙には行かない。これは昔と変わらない。

選挙前と同じようにマスコミも毎年、政策ではないところを記事にして、野党もそれだけを国会で追求する。でも何も解決しない

考える力を失った日本、周りにあわせるだけの日本、責任を取らない、集団主義でみんなで責任をとる姿勢、行政府や政治が責任を取ることもない日本

いつになったら日本は変わるのだろうか

いつになったら日本は独立国家として主体性もあって、欧米と同じように今から未来を見えるようになるのだろうか。

Comment on this Article:

October 2017
S M T W T F S
« Sep   Nov »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Related Posts

Archives