Home » ニュースに関するコメント » Recent Articles:

今日のニュースから

January 19, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on 今日のニュースから

今日のニュースから

まずは東京証券取引所は午後の開始を30分遅らせ、処理能力の400万件ギリギリで午後3時まで乗り切った。ほとんどの銘柄でプラスになった。今日あらためて株を買った人は、少なからず益を得たのではないだろうか?私は何もしなかったので、この二日の下げでまだ元には戻っていないものの、数日中に元に戻ることを願うだけだ。

そして海外のメディアが報じたところ、やはり東京証券取引所の昨日の途中停止が槍玉に上がっている。ニュースでは欧州に住んでいる一住民のコメントがあり、日本のIT業界が好調だったので投資をしているというコメントだった。日本では徐々に個人投資家が増えているが、度重なる東証の不具合に信頼感もなくした方も多いのではと?そして海外の投資家も多いこと。ロンドンでは処理を分散化を図っているらしい。東証も現行の450万を850万に拡大すると言っているものの、一極集中には変わらない。もう少し国際標準、実績を見習って欲しいものだ。

そういうなかライブドアはストップ安416円で終わった。約3億の売り注文に買い注文が数十万株しかないので、明日も来週もこの状態は続くと思われる。

耐震強度偽装問題で本日、衆院国土交通委員会の参考人質疑で、ヒューザーの小嶋社長から姉歯を紹介されたこと、偽装関連の公表を待てと要求したことなどがあきらかになった。時を同じくして、自民党の伊藤元国土庁長官も本日、耐震強度偽装問題で記者会見し、小嶋社長を国土交通省に紹介していないなどと釈明したそうだ。やはり小嶋社長は自分の無実を主張するのであれば、先日の証人喚問で正直に証言すべきだったのではと思う。周りから少しずつ追い込まれていっている。今後どのように反論するのだろうか?


TWITTER

今日のニュースから

January 18, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on 今日のニュースから

今日のニュースは昨日と同様、株に関すること。ライブドア・ショックのおかげで株価は連日下がり、午後の2時40分には東京証券取引所が全面停止。全面停止してもほとんんどの銘柄が、売りに入っているので、ライブドアの約2億株が処分されなければ、この状態はまだ続くだろう。いっそうのこと1Wほど取引所が停止して醒めてしまえばいいのだが、全く関係ない株を持っている人にはすごく迷惑な話だ。ライブドアは、ストップ安でも毎日100円しか下がらない。今日が約500円だから後5日かそれ以上続くのでは?

ほとんどの銘柄が安くなっているので、底値と思えば買いが多くの銘柄で入るかもしれない。それもずっと先の話しか?わからない。

このニュースではまず、いろいろな専門家のコメントを取っているが、前の一連の事件でコメントしたように、メディアのマイクが向くと、まえからそう思っていたと皆が言う。ライブドアのやり方がどうのこうのとか、人格に対してのコメントまであった。なぜ、日本人って、問題が起きると、ほら見たかという感じで、悪評を並び立てる。あるいは前から思っていた、感じていたという。何か日本人の表面には決して出さない嫌な心情、普通は表面的にしか自分を出せない、表現できない様を見るような気がする。何か寂しいものを感じる。表面的にしか付き合えないということが。

今回のほとんどの銘柄に影響を与えているこの異常さもすごい。皆がはじめて体験するものだから、どう処理して良いのかわからない。大企業の社長や経団連の関係者がコメントを発しても、何も変化しないし、その力もない。
ただはっきりしていることは、ライブドア関連だけではなく100%に近い銘柄が影響を受けていることから、これまで右肩あがりで上昇した株価平均は、やはり本物ではなかったと思えることではないだろうか。確かに、資金がある人にとっては、個々の銘柄の株価を操作することも益を得ることも簡単なようだ。そのからくり知らない多くの投資家(益を得たいだけの人)はその操作にひきつけられ、小額の投資で数千円勝った負けたと言っていた。私の予測では、この状態を元に戻す方法は、売り注文を控えるしかないのではと思うのだが、どうだろうか?このまま、ストップ安が続くと、どんどんと0円に収束してしまうのでは?言い過ぎか?

TWITTER

今日のニュースから

January 17, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on 今日のニュースから

今日のニュースは何といっても、ヒューザ社長の小嶋社長の衆院委証人喚問だろう。夜のニュースをみると、ほとんど答弁は拒絶したらしい。昨日までの各局のインタビューには答えていて、ましてや証人喚問をやって欲しいと言っていた本人が今日は別人だった。いい加減に、責任転嫁をやめ、自分の行った行動、言動をすべて話し、関係者全体で責任をとるという方向に切り替えないと、最終的には悪くするとヒューザだけが悪者になってしまうのでは。国民はそう甘くない。住民にとってどうすれば良いかをまず考え、自分が犯した罪を受け止め、今後自分や会社、そして住民や建築法もろもろの今後の進むべき道を探る方向に早く考えを変えて欲しい。責任をすべて自分が引き受ける覚悟があれば何も言わない。

また自民党与党も今回の拒絶発言で、一安心した政治家や官僚は多いのではと思う。通常国会が始まるが、できればこの問題を焦点にした、与野党の議論はして欲しくない。これは本来重要な法案を審議する国会に対し、与党にとっては有利に働くからだ。小嶋氏には住宅問題も大きな問題だが、それ以外にも大きな問題を抱えており、それらを審議する国会にまで影響させるこの問題はやはり自分が告白する形で、責任を取って欲しい。

メディアにも言いたいことがある。関係者が続々と名がでているが、なぜ彼らに取材をしないのか。良く事件ではその現場に行き、無造作に聞き込みを行い、番組を作れるのに、今回のケースでは、いろいろな関係者が出ているにもかかわらず、独自の取材を行っているというのを全くきかない。なぜ?各局で申しあわせでもしているのですか?視聴率を録りたいのであれば、スクープでも録ってくれと言いたい。

さて、ライブドアが証券取引法違反の疑いで東京地検特捜部、証券取引等監視委員会の家宅捜索を受けたことから十七日の日経平均株価は下がりに下がった。他の企業の株価にまで影響を及ぼしたことから「ライブドアショック」とも言える。今日ストップ安になった株価に、売りに出しても確定できなかった投資家も多いのではないだろうか?終値も16000円を切った。明日もライブドア関連の株価は下がるだろう。これは数日、とても痛い話だ。


TWITTER

ニュース記事から

January 13, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on ニュース記事から

今朝、新聞をみていたら、中国でイタイイタイ病発生という記事があった。経済成長著しい中国だが、日本で以前経験したいろいろな公害といわれる状態をまさに今経験しているようだ。日本としてはこのような場合どう対応するのだろうか?今は外交上問題があるため、中国から何か行動がない限り何もしないのだろうか?春には黄砂がやってくるが、いろいろな面で、気象上、中国が発生する公害の影響を、日本はこれからも受けるのではと懸念する。

金正日が中国を訪問しているとニュースで報道しているが、なぜすべて間接的なのだろうか?直接金正日を映した映像がない。これも日本と中国の報道の違いなのだろうか?これが事実として、では日本はどうするのだろうか?隠密行動といっても車列などの映像がニュースにのる。これが事実として、報道側は我々にどう思って欲しいのだろうか?私にはわからない。

今日当たりから日本も暖かくなる、なだれに注意と言っている。これもじゃ、我々はどうすれば良いのかが見えてこない。単なるニュースであればそういう事実である。ということで終わりなのだが、連日、詳しく放送するものだから、ふと考えてしまう。なだれに注意ということは外に出歩くなということか?危険な地域、実際どこが危険なのかわからないが、そこへ近づくなということか?

先日、某TV局に雪かきについてのアイデアを投稿したが、全く回答がなかった。アイデアとはホッカロンをブルーシートではさんで、屋根にかぶせるというものだ。50度前後になるホッカロンは上下に熱を20時間も維持する。下の雪を溶かし、上に積もる雪も溶かす。20時間も熱を維持できればいくらかは溶けるのではと思うのだが。ホッカロンもその成分をブルーシートの一面埋め込むというイメージだ。ブルーシートはできれば黒が良いと思う。メーカは実験を行っているのだろうか?以前はニュース番組はただ報道するだけ、事実をそのまま伝えるだけだったが、今は、コメンテータや取材陣がそろい、ひとつのトピックになっている。そういう中で、なぜか一方的な分析から離れない。できれば各局同じトピックを扱うのであれば、じゃどうすれば解決するのかなど視聴者の声を募集するなどなぜ行わないのだろうかと思う。

さて昨年から松下の温風器にかんする問題で、注意を喚起するCMを多くみてきた。しかし最近全く見なくなった。もう解決したと思っていた矢先、新聞には、6000万世帯にはがきを2月に送ると書いてあった。え~~~~!まだ解決していなかったの??このはがき作戦は奇抜だが、なぜ早く行わないのだろうか?なぜ今はCMで注意を喚起しないのだろうか?これもわからない。

TWITTER

今日のニュースから

January 6, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on 今日のニュースから

まずは昨年12月からの記録破りの豪雪について。明日からの三連休中にもさらに強い寒気が日本列島を覆う見込みだと。連日、ニュース番組で取り上げられる。死者もすでに数十人出ているという。毎日、放送するのも良いのだが、我々はこのニュースをみてどうしたら良いのだろうか?私は今のところ雪の被害のない神奈川県に住んでいる。毎日これらのニュースが訴えるものは何だろうか?記録破りというが、例年2月に聞くニュースだと思えば良いのか?いや、そうではない。個人的には、なぜ屋根に積もった雪を毎年毎年、同じように積もれば雪下ろし、また積もれば雪下ろし、なぜこのあたりの技術開発、便利な製品というのはないのだろうか?例えば、熱を出す何か?あるいは雪の上から何かを巻くと、雪が水に変わる?あるいは、飛行機で何かを巻けば、雪が溶ける?これらの開発はどうなっているのだろうか?何十年も、同じように人力で雪下ろしをやっているのを見ると、家電メーカは何をこれまでやってきたのかと言いたくなってしまった。もし、すでに開発済みのメーカがあれば即刻野外実験でもして欲しい。

耐震データ偽造事件で、倒壊の恐れのあるマンションの解体作業が各地で予定されている。これは、解体も良いが、解体中に専門機関による証拠をいろいろな形で残して欲しい、ビデオでもいいし写真でも良い。そしてそれが実際の図面とどの程度食い違っていたのかを示して欲しい。今年になって、あまり耐震偽装事件のニュースがなくなった気がする。国会も結局1/17までは何も動きがないのか?一人だけの証人喚問だけで済ませるつもりなのだろうか?

ちょっと意外なニュースをひとつ。アメリカ人の外国語習得熱は低いと私は思っていた。確かに英語は国際語と言って良いので、アメリカでは必要ないのではとも思っていた。でも多くの他民族を受け入れているために、主要な言語を勉強する必要性も出てきているとも言われている。その中で、国務省が、全米の高校生のうち、スペイン語やフランス語以外の外国語を習う学生が全体の2%未満と発表。今後は「英語オンリー」の教育体制を見直す方針を発表した。

Apple社が新製品の「iWeb」を計画中という記事をみて思ったのだが、APPLEは大きくマイクロソフトにシェアを奪われたものの、毎年、マックファンをはじめ多くの顧客に受け入れられるアイデアや商品を世の中に送り出してくる。日本のメーカ一社でこのように毎年、何かしら特異な製品を送り出しているメーカってあるのだろうか?日本のメーカは独自性がなくカテゴリーが多い割には、独占企業というのがないような気がする。日本のメーカも、そろそろ独自性を出した製品開発を行う時期にきたのでは?逆に言うと、まねをすることからは、長い製品ライフを維持できない。ということか。

ハードディスクはいらなくなる?それはフラッシュメモリの大容量化だというニュースがあった。確かに回転体であるHDDやDVDといった円盤はいづれ半導体メモリによってなくなることは誰しも思っていることと思う。よって最近にぎわっている新しいDVDもいずれはなくなってしまうと予想できる。ただ、半導体メモリは容量に対する単価がまだまだ高い。よってまだまだ時間がかかる。ハードディスクはいらなくなるというタイトルから、私はネット上に組み込まれるステーション、HDDという記録媒体のステーションがネット上につながり、OSやアプリケーションソフトがすべてネットを介して配給されるのかと思った。そうすれば、PCにはHDDは必要なくなる。いずれこのようなサービスをはじめる企業が出現し、全世界をまとめるようなおおきな企業へと成長すると私は思っている。


TWITTER

今日のニュースから

January 5, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on 今日のニュースから

東芝が、「HDDVD」方式のプレーヤー(再生機)を北米市場で3月に発売すると発表した。え?再生機を発売しても、ソフトはどうするのだろうか?再生するものはあるのだろうか?またDVDでもあったが、記録機が出てくると再生機は姿を消していく。最初から記録機を発売すれば良いのに。自信がないのだろうか?東芝方式ではまだ既存のDVDを再生できることから再生機のみを発売するのか?ともかく、私はいい加減に技術志向で製品を開発して欲しくないと強く言いたい。結局、顧客を混乱させ、記録したものが100年も1000年も残ったところで、それを再生する機械がその時にはない。たぶん、10年後にはないのでは?もうすこし環境方針を高らかにうたっている大企業であれば、このような無駄な製品作りをする前に、業界で何が必要で、将来性も考慮し、ごみ問題をも解決できる、だれもが納得のいく製品を今後は作って欲しいものだ。これまでためこんだDVDや再生機はどう処分すれば良いの?

またまた日興シティ証券で誤発注があったらしい。昨年、記憶もあたらしいところでのご入力からひと月もたたないうちに「2株」とすべき注文株数を誤って「2000株」と発注した。なぜ前の教訓が活かされないのだろうか?ご入力は人間のことだから今後も起こりうる。今回の私の指摘は、システムがなぜそれをエラーと認識しなかったかだ。機械はソフトのプログラムどおりに動作する。前の教訓で関連箇所を修正しておけば今回のようなことは防げたのでは?不思議でならない。人間は間違える動物であることを踏まえて、機械で制御するしかないのでは、ましてや今回は前例がある。なのに。今の社会は、何にしても前例があっても同様なことが起こる社会システムになっていると断言したい。誘拐事件や殺人事件、談合や天下り、誤入力や個人情報の流出、などなど、前例がいっぱいあるにもかかわらず、社会がそれを個々に解決するだけの機能が十分備わっていない気がする。他人事というか、結局自分のところに問題が発生、発覚しなければ何もしないという社会システムを我々が作り上げた、そしてその隙間に気がついた人や企業が、甘い蜜を吸っているような気がしてきた。前例があっても、他人事なのだ。気がつかない社会システムになっているかもしれない。大方の人はたぶん気がつかないで生活をしているんだと思う。それに気がついた人は、まずは利益になることを考え、やばいものはひたすら隠す。気がつかない人ばかりが周りにいるから、何でもできてしまうんだろう。

パソコン専門店を展開するソフマップが、ビックカメラと資本・業務提携契約を締結したと発表した。秋葉原では何店舗も展開しているソフマップだったが、ビックカメラとの関係があらたにできたということだ。これからの企業は自分の得意な部分に絞って、それに必要な自分のところにない分野をこのような業務提携で補っていくという企業間連携がどんどんと生まれてくるだろう。そして行く末は、中国のメーカも資本提携をはじめてくるのではと思われる。中国もなぜ製造部門では世界一安く作れるといって、利益をありのままのレートで我慢しているのかが私には理解できない。同じ仕事をしていて、日本とのレートの差で、日本の費用に匹敵する費用を中国は得ていない。ゆくゆくはこの差が狭くなり、日本では製造業がなくなるのも時間の問題と思っている。空洞化という言葉が前にあったが、それの第二段がゆくゆくくるのではと思う。今回の小売業の合併も、次から次へと連鎖を行い、お互いを補う企業間連携が次から次へと生まれてくるに違いない。


TWITTER

今日のニュースから

January 4, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on 今日のニュースから

今日1/4から三菱東京UFJ銀行が始動した。そして案の定、問題を起こした。3ヶ月もこの合併を延ばしたにもかかわらず。パソコン取引に不具合で一部振込みが不能になったらしい。先日、いろいろな看板を取り替える作業のニュースをみた。よくもまあ、一時は不良債権がかさんで税金まで投入し、昨年は大きな利益をあげ、給料も同世代とは破格の高給取り。そして、この看板の交換と。どこにそんなに資金が眠っているの?天下りも多いんだろな。自分の肥しを膨らませるためには何でも行う姿勢に、腹が立ってしょうがない。世界ランク何位がどうしたと言いたい。今日も大発会で株価平均が上昇した。これまで投入した税金は国にもちろん返してくれるんでしょうね。と言いたい。

小泉純一郎首相は1日、靖国神社の参拝を見送った。というニュースがあったが、え!予定していたの?今日首相官邸で年頭の記者会見を行い、自らの靖国神社参拝について「外交問題にはならない」と正当性を強調した。いつもいつも同じ文句ばかり。もう少し、外交問題を良くしようと考えるのであれば、具体的な発言をして欲しい。今だったら、「9月の任期まで靖国神社を参拝しませんと言いたい」というだけでかなりの効果が見込めるだろう。前にも書いたが、小泉首相は任期後に毎日参拝することを私は薦めたい。

領事館員自殺のニュースも昨日から報道されているが、お互いが主義主張を言っているだけで、私から見ると、何を具体的に提示して説明したのかが全く見えない。双方のwebsiteでもいろいろな証拠と思われる書類を掲載すればいいものを何も行わない。中国を応援する隣国は多いが、日本を応援する隣国は今はあるのだろうか?アメリカ?あの遠い遠いアメリカだけ?日本はとにかくも隣国との関係をよくしなければ、いつの間にか孤立してしまうのではと懸念する。もっと隣国にあわせる姿勢も必要なのではと思うのだが。昨年は日中の摩擦で、被害にあった中国在住の日本人が多くいた。政府は言われるだけだが、我々国民は悪くすると、被害にあう可能性があることを知って欲しい。事が起こってからでは遅すぎるのだ。北京オリンピックまではまだ2年あるが、日本が出場停止になる可能性もないわけではないので、慎重に事を進めて欲しい。私から見ると、たった靖国神社のことでと、中国側につきたい。だって、日本は靖国神社を参拝するのであれば、A級戦犯との施設の分離を行えばいいものを、一部の団体の反対があるからといってそれも行わない。いろいろと中国、韓国との歴史問題を解決するための具体的な動きを示して欲しい。相手が受け入れないから何もできないのではなくだ。戦争を美化するでもいいではないか。実際、多くの国では、日本が戦争に参加している、つまりイラク戦争だが、と思っている国もあるからだ。幸いテロにあっていないのが不思議なくらいだ。でもイラク戦争に参加はしている。それも自衛隊を送ってまで。憲法も改正しようとしている。自衛隊の海外遠征を認める方向で。


TWITTER

今朝のニュースから

January 3, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on 今朝のニュースから

すでに昨日に報道されていたが、昨年の交通事故死者が7千人下回った。私はここ数年、一万人前後と、決め付けていたのだが、確実に減っていることを今年になって知った。しかし元旦からすでにニュースというと、飲酒による交通事故。これはどうしようもないことなのだろうか?

日本レコード大賞の視聴率が10%と過去最低だったらしい。80年代の自分が子供で親といっしょにこの日本レコード大賞や紅白歌合戦を年末に見ることが普通だったころに比べると、自分も大人になり、独立すると、いっしょにテレビを見ることもなくなった。紅白歌合戦の視聴率も昨年よりは上昇したようだが、これも私にとってはどうでも良い番組になってしまった。紅白歌合戦は昨年より上昇したとはいえ、他局の番組に比べれば破格の数字である。NHKは過去の80%でも狙ってやっているのだろうか?これから衛星放送、ディジタル放送が増えるに従って、過去のような栄光はこの二つの番組が復活するには至らないと思われる。正月の番組もそうだが、やはり生番組の方が面白いし、そして、視聴者参加型の番組の方が面白みがあるのでは。つまり台本なしの番組の方が良い。なぜ他人が楽しんでいる番組を見なければならないのか?彼らはそれを仕事として収入を得ているが、我々は下手すると電気代や受信料を払わなければならない。今後はディジタル放送で、視聴者との双方向、参加型の番組が増え、視聴者の参加率などで、番組に差が出てくるのではと私は予測する。

ロシアがウクライナへガス供給停止したと報じ、今朝のニュースでは、欧州にも影響を与えたために、供給を増やすと報じていた。これは親欧米のユーシェンコ政権に対するロシアの制裁らしい。もちろん欧州や米国は強くロシアを非難した。さて日本は?何も聞こえてこない。なぜ?石油をはじめ、今後エネルギーの国間の利権争いは強くなるのではと思われる。アメリカはイラクの石油の利権を得て、自国の石油を将来のために保持すると聞いている。ゆくゆくなくなると言われている石油をめぐっての将来を見据えたあくまでも利益を得るための製作だ。これから日本もほとんどのエネルギーを輸入に頼っているので、エネルギー問題には影響を受けそうだ。ロシアから石油か天然ガスが日本に供給されるという計画も、中国に供給されると計画変更があった?と記憶している。つまり供給側は、いろいろ操作をできてしまうということだ。

ニュースではないが、今朝のテレビ東京の番組で、投資に関するアメリカと日本との違いを放送していた。あきらかにお金に関する考え方が異なる。これから日本でもお金のしくみについて小学生から教える方向になるのではと興味をもってみていた。自分も10代に少しでも株取引や投資を基礎でも知っていたら、今の生活は大きく変わっていたかもしれない。日本が現金、貯蓄志向であることは確かである。日本の借金が800兆あると言われ、もしこの貯蓄がなかったら、日本が存在しないと言われている。日本の借金についても意識し始めたのはここ数年である。会社にいても自分の会社の財務状況、見通しなど全くいまだに知らない。ただ毎日言われるがままに仕事をこなすだけ。実際会社はお金(資金)なくして存在しないわけであるから、全社員が財務に関する自社、あるいは自己資金については知っておく必要があるのではと、最近思い始めた。遅すぎか?株をはじめてまだ日が浅いが、投資する会社のことを勉強するようなきっかけを作ってくれた。業績が良いのか悪いのか、将来どうなるのか などである。今後の自分の知識の一部として、社旗情勢や経済は知っておくべきだと私は思うので、今後も地道だがお金を運用することを通じて行っていこうと思っている。


TWITTER

今年最初のニュースへのコメント

January 1, 2006 ニュースに関するコメント Comments Off on 今年最初のニュースへのコメント

まずアメリカ政府が「靖国神社参詣」に懸念、アジア戦略に対し日本に見直し要求していたらしい。アメリカにもこの件で注文を受けていた日本政府、これを公表することもなく、参拝を美化してきた。でも、私はこの参拝に対しては反対の立場だけれども、結局世論の反応が全くといってないので、日本としては、OKの立場ととられてもしょうがない。

政府・与党が、小中学校の9年間と定められている義務教育に幼稚園などの幼児教育を加え、期間を10~11年間程度に延長する方針を固めたらしい。これによって幼稚園も教育費が無償になる。これはある意味良いことである。

紅白歌合戦で司会のみのもんたが番組終了後「10%の出来だった。90%は心残り。もちろん大不満」と言った。紅白歌合戦はほとんど見ていなかったので、実際どうだったのかがわからないが、記事によると、本来の自分のコメントを十分に話す時間がなかったらしい。見ていないのでコメントのしようがないが、数日後には視聴率が出て判断されることだろう。私以外の皆さん、ご覧になりましたか?

飲酒し運転事故が多かったらしい。これらの事故は加害者は顔や名前を公表して良いのでは?先日、この飲酒によって車を運転し、死亡させても懲役が20年ではなく5年以下になるという番組をみた。何でもそうだが、このような判決結果の軽さをみると、自分だけは大丈夫と思って、飲酒運転など起こすのではないのだろうか?車に空気を測定する機械でも導入して、飲酒の気がある場合には、エンジンがかからないようにすれば良いのでは?あるいは、瞳孔の動きや、ハンドル操作など複数のセンサをつけてもいい。そして同乗者が仮にいれば、その人も同罪にすべきである。

まあ、今日はまだ元旦、昨年のトピックを引きずっている。今年は引きずるのはいいが、新しい大きな事件は起きて欲しくない。


TWITTER

今日のニュースから

December 31, 2005 ニュースに関するコメント Comments Off on 今日のニュースから

これは昨日のニュースだがイギリスを含む欧州が大寒波らしい。日本でも12月に豪雪となっているが、欧州でもすごいらしい。自分は関東地区に住んでいて、冬に最低気温が0度前後になるという経験は久しぶりだ。本来の冬に戻った、ただし今は という条件付だが。一部ではコートが品薄だと聞いていたが、近所のショップにはずらりと並んでいた。

一方、暖かいところでは、アマゾンで奇病が発生しペルー先住民8人が死亡したらしい。気候が変われば、生態系も変化し、病気の元もそれなりに変化を起こし、人間にも影響を及ぼすのだろう。日本でも病気や外来種の影響を毎年のように受けるようになってきているので、これからもいろいろな気象や病気などには対応するというか、気をつけるというか、気になるニュースの一つだと私は思った。

「しぶんぎ座流星群」が1月4日未明に見えるらしい。一説にはいろいろな病原菌は宇宙からやってくるという説がある。とはいえ、一日中どこかしらに降り注いでいる宇宙の塵があるわけだから、今回の流星群がまた影響するとは言えない。ただ天気がよさそうなので、かなり寒い夜だが、天体ショーを見るのも良いな。でもここ都会では周りの明かりが強く、星もろくに見えない。

3人に2人がパソコン利用で年賀状作成している調査結果が出ていた。自分も先日パソコンで簡単に作成してしまった。明日は元旦、何枚のユニークな年賀状が届くことやら。また、明日はメールでも送る準備と送信をしなければならない。一応、絵柄は年賀状で作成したjpgの図柄を利用して、コメントはメールの本文に入れようかと思っている。ゆくゆくはメールですべて送ることになるのかな。


TWITTER
Page 780 of 785« First...102030...778779780781782...Last »
November 2017
S M T W T F S
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives