Home » 今朝のテレビ番組を見て思うこと » Recent Articles:

今朝のテレビ番組を見て思うこと

June 28, 2009 テレビ番組, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 今朝のテレビ番組を見て思うこと

今朝のまずフジテレビではわざわざ民主党の岡田幹事長も出演して、黒岩さんも言いことを言っていたのに、時間切れでまた次回やりましょうと言ったことだ。それは民主党が政権をとった場合に、何をいつまでに具体的にやってくれるのかという説明だ。岡田幹事長もマニフェストを読んでくれとしか言わない。

そう彼らはこれまで散々、マニフェストの内容を国民に伝える時間があったのに、自民党批判ばかりしかしないからせっかくの機会を逃してきているのである。

結果的には民主党が国民のために何をやってくれるのかはさっぱりわからない。あの最近の風潮と同じで、
・メールを送ったからそれ読んだよね
・ダイレクトメールを送ったんだからそれを見ろよな
・情報はwebにあるんだから勝手に見ろよ、そこで説明している
・問合せの前にすべてのQ&Aを見ろ、こんあ低俗な質問をするな、すでに回答はあるから同じ質問をするな

といった日本独特の何と言うか、機会をチャンスとしない、機械的なものに頼りすぎている、会話/議論を好まない、批判は大好きという感じがしてならない。

次に、TBSの番組でもテレビ朝日の番組でも出演者のメディアに対する批判があった。それには納得だ。例えば、東国原知事の自民党議員に発した内容を理解するのに、数日もかかっている。それは次期総裁選挙の候補にして欲しいというところしか注目しないために、彼が述べた真意をだれも、どの番組も理解しないままに数日が過ぎていったこと、

あるいは、

個人的な意見として、麻生首相はそう遠くない時期に総選挙を行うという主旨のことを発言したと思うが、彼は日にちはいつとは言っていない。でもメディアは7/2の解散、8/2が選挙だと思い込んでこれも数日騒いでいた。結局、麻生首相はその後、そう遠くないというのはひと月、あるいは2ヵ月後ですかと発言した。

結局、麻生首相の漢字のミスなどを指摘する前に、メディアの思い込み報道もどうにかして欲しい物だ。

彼らも総選挙のことしか考えていない。日本の将来、つまり政策やマニフェストに全く興味がないのがメディアのような気がする。

誰一人として全体が見えている人って誰もいないのではないだろうか?いや政権与党の首相をはじめとする何人かは国のために、全体をみて、修正も行いながら、仕事をしていると思うけど、それ以外の、民主党だって野党だって、メディアだって、表面的なことしか興味がないようにしか見えない。

東国原知事などの地方分権もわかるけど、国はそれだけで動いているわけではない。

いつも全体があって、将来像があって、今はどの地点で、目標に対してどのくらいの達成具合で、修正を必要としているのかなども含めて、まずはその具体的なことが示されていないこと、現状、反省点、修正の必要性、などが情報として、全体をまず示し、どの部分を今、議論しているのかを示さない限り、何もかわらないと思う。

政権交代があれば、今度は民主党がいろいろな政策で国民から避難を浴びるだろうし、今のメディアの体制だったら、良い面は見ず、非難すべきところだけしか見ないだろうから、結局同じことを繰り返すだけと思う。

そうそう、今朝のフジテレビでは、知事の地方分権は自民党と民主党では自民党案には道州制があって、民主党案は異なると判断していると番組制作側は指摘し、岡田幹事長から、それは認識が違うと指摘を受けていたが、この番組を制作するのにも何日かかっているのか知らないが、少なくとも番組の出演者、3人、司会者がだれもそれを説明できなかったことにも不思議だなと思った。

結局、彼らは出来上がった資料を正しいと思い込んで映像を見てそれにコメントをするくらいしかできないようなので、ゲストに取材もせず、ゲストが来ない限り確認すらできないなんて情けない。

司会者は一人で十分。それ以外は取材に徹して、取材した内容をもとにコメントをして欲しいものだ。彼らもある種、官僚的というか、来て貰わないと確認ができないのでは時間がもったいない。

さてマニフェストの内容はいつになったら十分に国民にメディアも政党も説明するのだろうか?

たぶん、選挙対策だけの内容だと思うので、実行されるかは今までのことを考えると、ほとんどないかもしれない。

ただ、修正はその時の状況で行うことには大賛成で、でもそこには説明も必要だ。

そうそう、TBSでコメンテータが言っていたけど、日本のニュースはほとんど海外で流れていません。中国の方がよっぽど多いと思います。

経済大国2位、技術力1位といっても注目されなければ意味がない。

外に日本の国益のために発するということも必要だし、日本が世界に何をしてあげるのかを示さない限り、アジアでは順調に中国が注目の的である、そうした地位を作っていることも確かなことだと私は思う。

まあ、数年後には中国は経済大国2位になって、アジアは中国中心でいくと思っているので、想定外だったと言われないように。

.

TWITTER

今朝のテレビ番組を見て思うこと

May 31, 2009 テレビ番組, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 今朝のテレビ番組を見て思うこと

今朝のテレビ番組を見て思うこととして、慶応義塾大学の教授のコメントはとても面白かった。それに対して司会者の勉強不足、民主党の岡田幹事長の全体を理解して年金問題を考えていないこと、司会者でも正面の2人は置物であることがはっきりとわかった。

・北朝鮮問題に対しての日本の対応
ここでは海外の対応が遅いことを指摘していたが、これは日本の対応のまずさを指摘したい。海外は確かに政権が変わって北朝鮮に関する対応も変わってきているが、自民党政権が続いているのに、独自に何もやってこなかったことも指摘したい。結局一番困っているのは日本のはずなのに、今やアメリカ頼みになっているのがそもそもおかしい。

今回中国がキーポイントになっているが、首相もアクションをかけて返事待ちになっているとは言うが、なぜこうした北朝鮮の動きがあった時に反応するのだろうか。4月のミサイル問題後に、日中でこの件は話し合ったのではないか?なぜいまさらあわてているのか不思議でならない。

・核問題はなぜインドはOKで北朝鮮はだめかという指摘にも納得する。そもそも原爆の被害者を出したこの日本が、よくよく回りをみると中国、ロシア、アメリカが核を持ち、また北朝鮮も持っているのである。囲まれているのである。さらにインドやパキスタンの核保有を認めているのはおかしいのである。同盟国はOKで拉致問題があるから駄目というのは説得力がない。

やるなら北朝鮮も含めてアメリカにも言うべき。核を即刻無くせと。

・メディアが選挙日の予想を毎日行っているが、いっそうのこと海外の仕組みのように任期制を導入して、4年なら4年として欲しい。途中で解散選挙などやる必要もなく、途中で政権放棄もなくなるだろうし、責任をもってトップになって欲しい。また何か問題があれば副首相をたてて彼に引き継いで欲しいのである。そうすれば選挙日はおのづと4年ごとになるので、メディアが選挙日の予想をしなくていい。ことごとく予想は外れているし、それが当たったところで全く意味がない。

・年金の納付率61.5%でモデル世帯を最近新聞で出ているがなぜ今頃この議論をやっているのかわからない。日本はとにかく反論するのが遅すぎる。この年金問題は前からあって、指摘もしていたはずだ。その時点で結論、予想、仮説からでる結論と対応をきっちりとやっていないから、こうしたデータが出るたびに議論ごっこをしているように見える。

細田幹事長が言っている5年後との見直しは理解できる。また権丈教授の解説もわかりやすかった。

・新聞記事を議論するならこれを書いた人をこの場に呼ぶべきという教授のコメントもそのとおりだと思う。司会者はもっとこうした年金問題をテーマに上げるのならもっと勉強すべきだ。そうしなければこの教授の言っていることが正しいのかも指摘できないし、こうした番組に時間をとるのはもったいない。司会者は政治家や専門家以上に勉強するべき。そうしなければ意見は言ってはいけない。3人も必要ない。

・民主党の言っている納付率を上げるための税方式はよさそうに見えるが、それがどのように良いのか、その結果として現行の年金制度が良いのかどうかを解説していない。民主党も具体的に視聴者に対して説得するコメント、意見がない。

あの鳩山代表は岡田幹事長よりも説明をしない人だが、岡田幹事長ももっと全体の仕組みを理解すべきだという指摘に納得した。岡田氏を擁護できる人が本来ならこの仕組みがわかっている司会者だと思うのだが、司会者の勉強不足を指摘したい。

・局の都合で時間制限をするのはやはり問題だ
局側の勝手な時間制限やコメントの流れを切っていくのはやはり大問題だ。こうしたことを繰り返すから、いつも結論が出ず、あいまいで終わっている。こうした大事な問題を局側の勝手な判断で表面的な内容で終わらせることは大問題。せっかく局に来てもらっているのに、せっかういい議論も司会者の勉強不足と番組の都合でつぶされるのは残念だ。

・100年安心とは
民主党は100年安心という言葉だけを指摘しているし、番組もそれを信じて一緒に問題だと連呼している。民主党はいろいろ説明する機会もあるのに、こうした中味のない説明、批判しかしないから大問題なのである。もっと具体的に説明すべき。

100年安心がだめならそれに変わる対案を示し、それを事あるごとに何度も説明すべき。

・権丈氏の最後のコメントで、自民党は消費税ですべてを解決しようと考えているようだが、これは財界の意見を取り入れている結果ではないかと。

・教授が言っていたホームページのアドレスがわからない。論文が3つ投稿されているらしいが、フジも生放送でCMも入れているのに、こうした情報も出せないのかと言いたいね。

見つけた!!
http://news.fbc.keio.ac.jp/~kenjoh/work/


・これはTBSの番組であの党首討論でコメンテーターがつまらないものを見せられているとコメントしたが、これは党首討論が問題ではなく、メディアの問題では。メディアが注目したのは野次のことばかり。中味を検証したその結果を報じることがなぜできないのだろうか?

・TBSはまだニュースの内容を女性アナに読ませているが、なぜ4人も必要なのか。彼らがパラに何かをやっていることもなく、ただ原稿を読むだけならば、彼女たちも置物と同じ。せっかく番組に参加しているのに、意見すらしていないし、そうした機会すら与えていない。司会者の関口さんもやはり中味を知らずに、感想だけを言っている。

以上

やはりメディアの問題が一番大きい。まず取材している人が一番情報を持っているので、そそ結果として新聞や映像だけをみて、番組が選択してコメントをつけるのは問題だ。問題視するのならやはりその取材をした人とその対象の関係者を呼ぶべきだ。

参加者には意見を言ってもらうように。そうでなければ番組に参加する資格はない。原稿を読むだけなら他番組もやっているように事前に内容を入れておけば良い。そうすれば4人も女性アナを番組に出す必要もなく、フジテレビも少なくとも正面2人は入らない。

そして議論はどう展開するかはわからないから、それが盛り上がる場合は時間を延長するなりして議論が中途半端にならないようにするべきだ。そうしなければせっかくの議論が意味がない。単なるパフォーマンスで終わっている。

この教授の勉強不足の指摘はそれが正しいのかをフォローする人がいなかったことも含めて、今後考えるべき内容だと思う。それができなければ、番組そのものが面白くもなければ、過去を繰り返すだけになると思う。

彼らはなぜ高報酬なのだろうか?教授はともかくとして司会者や政治家たちには残念だ。

TWITTER

今朝のテレビ番組を見て思うこと

May 23, 2009 テレビ番組, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 今朝のテレビ番組を見て思うこと

まずインフルエンザのことだが、感染地域とは言いたくはないが、実際に関西に旅行や仕事で行き、その結果戻ってきて発病者がでている事実があるのに、それをメディアは気をつけてくれと言いながらも彼らが取材でわざわざ現場に言っていることに矛盾を感じてしまった。なぜ現地に関係者を利用して取材しないのかと言いたいのである。さらに前もNHKであったように、フジテレビの取材でわざわざ自宅待機の学生のところまで行くのはいいが、なぜかマスクをはずしていた。外ではマスクをして室内ではマスクをはずす取材側の姿勢が良くわからない。彼はそのまま都内に戻っているわけだから。結局、言っていることと実際にやっていることが異なっていることが多いのではないだろうか。

さらにインフルエンザの件で、ネット上では誹謗中傷が流行っているともいう。感染地域という表現もいけないようなのだが、何かと気にしすぎという感じもする。でも都市機能を止めるわけには行かないといって一部は休校など行ってきた。さらに経済的に打撃を受けているところも実際にある。何を重視しているのかがよくわからない。人命なのか経済なのかというところだ。確実に人命を救出するのであれば、何も対策することもないようにも思えるのである。ただ、これまで救急車両の拒否問題があったのに、インフルエンザの拒否という問題は聞かない。これもなぜなのだろうか?

マスク不足、感染者用の病室不足が指摘され、その対策も施されているようだが、今回は本当に強毒性でなくてよかったと思う。政府の対応、社会の現状がこの程度だったということがわかったからだ。

エコポイント。これも問題だらけのようだ。結局、日本は消費しなければ景気を上げられない状態になっていて、本来まだまだ使えるものも、今の古いのは捨てて新しいものを買ってくれと言っているようなものだ。エコ商品はあくまでも自分が持っている製品との交換では効果はあるが、新しく買う場合は、エコ商品でも意味がないことを意識するべきだ。さらに既存の製品を捨てるということも考えるべき。ほんとうにもったいないのである。まだ使えるのに、それを捨てなければならないということが。

薬のネット販売だがやはりネット販売の姿勢の問題だと思う。国は対面販売をしてくれと言っているのだから、ネットでも24時間対面販売をやればいいのである。今はいくらでもwebカメラとマイクを使えばできるからだ。そうした仕組みができていれば、国も全面反対にはしないはずだ。そうしたこともやらずに全世界的にネット販売が流行っているとか、説明は十分だと主張するのは、説得力がない。

中国の商標登録
だが、これは特許と同じで早い者勝ちだ。商標を取られたのなら、別の商標をとってその商品を市場に出せば良いのであって、国レベルでそどうこうすることではない。そもそも商標を取らなかった方の問題である。あのドメインだって一時期、英単語はほとんど取られ、それを商売にしているくらいだ。何でもそうだが、ビジネスは何でもできる可能性があり、このグローバル時代に各国の商標事情を調べていなかったほうの負けである。よって別の名前を登録してそれで商売をするほうが良い。

裁判員制度。これも日本とアメリカとの差があることがわかってきた。FOXJAPANは一生懸命に裁判員制度開始にあたって弁護士に関するドラマを流しているが、陪審員と違うこともわかってきた。日本は多数決で決まるらしいので、自分の考えを持っていなくてもいいわけだ。裁判官もそれに入ってくるからだ。

自分もアメリカのドラマでしか知らないので日本の裁判員制度は単なるお勤めになるだけのように思える。ただ弁護士や検察がいろいろ参考人を呼んで質問するのがアメリカだが、日本ではいままでそれをやってこなかったというところも知らなかった。

あのSTARKを見て欲しいな。今はseason1も終わって再放送していないが、STARKは自宅に法廷を作って、裁判の前に参考人も連れてきてきっちりと練習をしている。こうした努力も必要になるのかなと。

MEDIUMではJOEが陪審員になるかならないかというのを受けるシーンがseason2であった。検察、弁護士、裁判官から質問を受けて陪審員になるかどうかを決めるのである。

アメリカでは前に陪審員ではなく女性の裁判官が原告、被告の意見を聞いてその場で判決を出す番組もあった。これも面白かった。

ところで日本も裁判は公開にすべきだ。見るか見ないかは我々が決めれば良いのである。

こうした考えが他にもある。例えば、今回の学校閉鎖も、親が決めればよかったのではないかと。国や行政が決めることもあるが、個人で決めるべきことも与えて欲しいものだ。判断を我々が行わないと、ただ選択された情報を見るだけでは、判断のしようがない。それはコメンテータが多いニュース解説も同じだ。番組の中でコメントを言い合って、同じ意見だねと安心感を与え、我々にはそれに従えとも言っているかのように流している。これは問題であって、事実を報じて判断は我々に任せて欲しいといいたいのである。コメンテータが言っていることが正しいかのように流すのは辞めて欲しいものだ。

.

TWITTER

今朝のテレビ番組を見て思うこと

May 17, 2009 テレビ番組, 今朝のテレビ番組を見て思うこと Comments Off on 今朝のテレビ番組を見て思うこと

今朝のテレビ番組を見て思うこと

・まず新型インフルエンザ
神戸を中心に急激に発症者が出ているが、その前提が「渡航記録がなかった」と言っているようだ。そう渡航経験がなかった場合は、新型インフルエンザの詳しい検査をしていないようなのである。まして今回は新型でもA型、そしてタミフルやリベンザが効き、弱毒性となれば、すでに全国的に広がっているのではないかと疑いたくなった。それは渡航経験がないからということで詳細に調べていなかったからではないかということだ。

すでに疑いのある感染者も100人以上いる中で、どのくらいこの検査ができ、あるいはインフルエンザの症状を訴えている人もどこまで検査をやるのかわからないが、これじゃ、一気に数が増えるのは時間の問題。もしかするとメキシコ、アメリカについで3番目に多い国になるかもしれない。

水際対策も行っていて結局、渡航経験がないだけで見逃されたことがひとつの問題であり、水際対策も意味がなかったということではないか。これでは鳥インフルエンザでも同様のことも起きる可能性もある。

・経済優先か人命優先か
必ずでてくるのがこの選択だ。そして今は経済危機だからと話を濁してこの議論は全くない。結局、どこまで感染が広がって、被害者がでるかを待っているかのようなもので、これは対策とは言わない。何でもそうだが、被害者が出なければ、対策を講じないというのは、その被害者には申し訳ないけど、対策するために犠牲になってくれと言っているようなものだ。ここもあいまいさが残っている。

・鳩山代表はやはり私は評価できない
鳩山代表は小沢氏と違ってよくしゃべってくれるので国際的にももし首相になっても大丈夫だとは思うが、彼は今朝いろいろな局に出ているのに、質問に肝心なところになると、表情が変わって、まともな返事をしない。そう彼からは将来の概念は出てくるが、具体的なものが全く出てこない。日頃から考えていないことは回答できないのはわかる。隠している、戦略とも言えない。彼は見事に具体的な道筋を描いていない、計画を持っていない印象を持つ。

例えば、20年から40年はかかるといっているが、その根拠も、民主党政権がこんあに続くかという根拠も示していない。4年間消費税論議はしないというが財源については、無駄な行政を変えることで得られるというが、それも具体的な説明がない。

さらに西松問題でも、もし彼に具体的な説明責任方法論があれば、すでにそれを行って小沢氏も辞任はしなくてもよかったかもしれない。彼は元幹事長だったのに、それさえやらず、対策も示さず、説明責任は果たしたといっていた。今朝は第三者委員会を作って5月末までに報告すると言っていたが、これも時間稼ぎに過ぎない。

やはり彼らは議論するというのに慣れていない印象をもつ。相手を批判はできても自分の考えを主張する、それを説明するだけのデータも持っているなどがなさ過ぎる。

よって残念ながら鳩山代表は選挙でも苦労し、政権をといってもたぶん短命で終わってしまうと思う。具体的な道筋があって、それを行うための準備もなにも見えないからだ。

・最後に国会で取材しているメディア側は果たしてすべての法案を詳細に調べ、日々の審議も取材し、専門的な質問にも答えられるのだろうかと。それは国会で審議されている法案の数が実際のニュースでは示されないからだ。質問も具体的な中味がないのが何かわからないのである。彼らは専門家よりも現場にいるのだからすべてのことは知っているはず。それを活かして欲しいな。

政策論議、政策がわからないというのに、選挙はいつだとかしか注目しないのは何か陳腐だ。これも毎日の生活にゆとりのあるメディアだから、将来を如何して欲しいという具体的な希望、要望もないから、質問にも、注目する内容にも伴わないのではないかと思うのである。そして他局と同じ話題で安心してしまうのも変わっていない。よく国民が知りたいことというが、一体全体、彼らはいつ国民にそれを聞いて取材し、その結果を示したかとも問いたい。彼らが取材し、彼らが興味のあるものを選択して、それを強制的に報じているだけではないだろうか?それを国民が知りたい、興味を持っているというのは何かおかしい。

.

TWITTER
Page 93 of 93« First...102030...8990919293
September 2017
S M T W T F S
« Aug    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives