Home » 健康全般 » Recent Articles:

最近、中国製と食後の後味の悪さが気になる

October 14, 2007 健康全般 No Comments

最近、ニュース記事で中国製の問題が多発しているせいもあって、かなり神経質になってきている。いつもお世話になっている99円ショップでも中国製ばかりだ。特にお菓子を食べる機会も多く、果たして大丈夫なのかなと思ってしまう。

今日、amazonで注文したthermoMagが届いた。これも中国製だ。中はステンレスだから、さすがに鉛は含まれてはいないだろうと思うが、このプラスティックのふたもこれからの時期、熱いものを入れるので、少々心配ではある。

オーストラリアに滞在していたときにいただいたマグカップ、これは中は黒くなっているのだが、これはいまだに使用していない。だって黒いから何が塗られているかがわからないからだ。

そして、最近、99円ショップで購入するお菓子もそうだが、日常食べている食事でも後味がなにか気になってしょうがない。後味が悪いのだ。いやな後味ではないが、気になるのだ。

.

TWITTER

最近百日咳が流行っているとは、日本は病気だらけだ

June 12, 2007 健康全般 No Comments

一時期、今でもかな、殺菌、抗菌と製品にはこの名がつき、もともと人間には菌が共存しているから生活できているのに、いろいろなグッズのおかげで菌に弱くなっているとも言われている。

先日からのどの痛みと、その後の咳で先週末に病院に行った。これまで、私が風邪をひいた後、咳だけがほったらかしておくとひと月以上も長引いていたので、今回はさっさと病院に行った。ここ数年は薬が2W分とか買えれるようになり、多くの薬を持たされるが、結局は何度か病院に行き、薬をかえて最後の薬を先日は真っ先に指定し、それを処方してもらった。今日は今朝、薬を飲むのを忘れ、少々咳がでるが、確実に治っているのがわかる。

そういうなかで今日のニュース。

原因不明のせきが長く続く大人の約2割に百日ぜきの疑いがあることが、国立病院機構福岡病院の野上裕子部長らの調査でわかった。 (ニュース記事より引用)

百日咳、これをネットで調べると、絶頂期の症状や周りへの伝染をみると、私の咳には関係なさそうだ。でも、これも流行し始めているとすると、大人がすでに2割がかかっていて、免疫は関係ないということから、はしかの逆パターンで福岡から東に広がっていきそうだ。

ここ最近、こういった病気の報道が多くなったような気がする。やはり免疫が落ちているのかな?


TWITTER

先週からのどの痛みが咳、味がわからない~~~~

June 6, 2007 健康全般 No Comments

これも風邪なのかな?

先週からのどの痛みを発し、
毎朝、こんなに湿気も温度も高いのに
のどが渇いている

今週にはいって悪くなるばかり

昨日から「ルル」を服用
風邪でもないのに、咳止めもある薬頼み

咳よ、止まってくれ

のどの痛みよりも、のどの渇きが続く

そして今日夕飯、味が消えていく

ほのかな味しかわからない

なぜこの6月に、これも風邪なのか?

夕食後、ベッドにダウン、ダウンというよりかは、寝てしまった。

10時過ぎモコモコと起き上がるもやはりのどが渇いている

薬を飲んでも効果はない、「ルル」は私の体には効かない

いつまで続くのだろう

じっとしている分には咳も出ない、でも話し始めると、
声もおかしいし、咳もではじめる

のどにひっかかるものがあるだけ。
それさえ取り除けばいいものを
指も手も入らない

でものどには何かがいる
薬はどこに効いているんだろう

薬を飲んで余計に悪くなったような気がする

この時期にのどの痛み、咳、味がわからない、そして声がおかしくなるとは

暖かいから大丈夫とはいえないことがわかった。

お腹が無性に空くときって

May 31, 2007 健康全般 No Comments

先週の火曜日の夜も、昨晩も、夕食は普通に食べているのに、昼間に感じるようなお腹が空く感覚を感じた。これってなぜだろう?何か病気なのかな?私の場合、風邪をひくと、便通が定期的ではなくなり、どちらかというと便秘気味になります。といっても1日か2日だけですが、食べたものを効率よく体内に栄養を補給しようとする自浄作用かもしれません。最近暑かったり寒かったりで、確かに寝るときに、それまでパジャマを着ていたのをやめたりしていました。すでに湿度が低いということはないのだが、朝起きると、のどの調子が悪いことがここの所続いていました。

やはり、栄養が偏っているのかな?前に医者で何がその時の体に必要なのか食事を選ばせる方法を紹介していたが、自分が今何を欲しているのかはわからない。でも昨晩も無性に食べたい衝動にかられてしまった。実際は何も食べなかったが、これって何かやはり体が、

何か栄養素が足りないぞ

って言っているのか?

TWITTER

目の奥が痛い、原因不明

May 19, 2007 健康全般 No Comments

これは昨日の話であるが、夕方右目の右側、耳側かな、一点集中で痛みを感じた。目を動かすだけで何かが眼球を押しているような痛みを覚えるのだ。指で押さえても異物があるようにはみえないし、左をみて、白目の奥、この場合は右側の奥をみても特に何も見えない。 … Continue Reading

神奈川もこの時間、強雨が西や北からせまっている、調子がすぐれない

May 15, 2007 健康全般 No Comments

今朝からおなかの調子が悪い。極端に痛いわけではないが、はっきりと調子が悪いという程度で、おなかがなっているわけでもない。そして外は、どんどん暗くなっている。東京電力の降水量の傾向をみても、この神奈川県は西や北から強雨が迫ってきている。八王子なんて、100mmくらいの雨が降っているのだろうか?かなりのものだ。天気予報もこれはあったっている。今から外に出かける人にとっては災難だろうな。電車も止まってしまうかもしれないからだ。まあ、電車に乗っていればまだ良い。外で歩いていて、雨にやられると、これが災難だ。午後の3時までは雨らしく、その後急に気温が下がるという。この気温と気圧の変化に反応してか、健康がすぐれないのだろうか?


TWITTER

今日は先日の検査結果を聞きに病院へ

April 10, 2007 健康全般 No Comments

まず結論から言うと、血液検査、尿検査ともに問題ないということだった。実はアミラーゼなど毎回値が異常に高く、再検査はいつものことであったが、今回も結局他の項目では問題なく、体質であるというコメントで終わった。

いつも思うこととして、尿検査にしても血液検査にしてもなぜ知りうる検査項目をすべて一回でやらないのかという疑問である。小分けに検査をするところに何が意味があるのか?まず経過をみることと前の検査の正しさのために別の日に行うというのはまだわかる。しかし二次検査で行うことは、精密検査の意味もあり、項目も増えているのだ。それだけ項目があるのであれば、最初から検査をすべきではないか、そして経過検査も同じ項目を検査するのであれば納得がいく。わざわざ検査のために時間をとり、さらにその検査結果を聞くためにまた時間をとらなければならないのは、本当に不便である。

また今日、さらに二つのことに気が付いた。今回の検査結果は3月/4月で基準が変わったというのだ。詳細は検査方法が変わったために基準値も変更になったというのだ。そのために数字の互換性を取るためにデータに手を加えているという。これもおかしな話である。検査方法が変わると、基準値まで変わってしまうということは、過去のデータとの互換性に手が加えられるというところに問題はないのだろうか?またその数字であるが、先のアミラーゼでも書いたが、体質と判断されても、データの基準値にあわなければ、二次検査になるのである。健康体でも検査や結果を聞くために時間とコストがかかってしまうのだ。これもおかしな話だ。

さらに、今日は病院に行って、過去の人間ドッグのデータと今回の二字検査の結果をひとつの画面を見ながら説明を受けた。ここで先生はいろいろ説明したのであるが、今度の人間ドッグでは面接のときに今回言ったことを先生に言ってくれというのだ。そうすれば体質的なものもあるという判断であれば二次検査も1年後になるというのだ。そこで私がこのデータは検診センターつまり人間ドックの面接時に見れないかというと

それはサーバの問題でできない

というのだ。同じ系列の病院で隣り合わせの敷地内で、ただ表示するだけのことができないというのだ。これは完全に効率が悪いことである。一方では今回の二次検査のデータを閲覧でき、もう一方ではそれができないというのであるからだ。まあ、私がここの院長だったら、まずこのシステムを導入した企業は契約破棄ですね。またそれが厚生省の指導であれば、それは破りますね。だって、LANケーブルを一本引くだけで解決するこの問題ができないというのだから。せっかくの二次検査のデータが後々のデータに活かされないというのは、何かおかしい。

医者もこれは前から言っているといっていたが、たぶん彼女は何もやっていないと思う。こういうのを口だけの人なんだろう。ちょっとLANに知識のある学生でさえ、この件の解決方法はわかるのに、何も問題視せず、行動も起こせないこの医者に幻滅した。

ということで、その後、右足がここひと月鈍い痛みをモモの中から感じるので、整形外科に行ったが、いっこうに順番が来ないので、正午過ぎにはキャンセルをしてきた。この待ち時間も本当に前から改善されていない。見た目看護婦など多く見るし、かたまっているように見えるのであるが、これでも人手不足なのだろうか?前にもこのblogで書いたが、せっかく診察券を機械に通すのであるから、各外来の滞在時間をモニターするべきであって、またその待ち時間の過ごし方をもう少し工夫してほしいものだ。なぜ予約ですべてまかなえないのだろうか?数分しか医者と話す時間がないのに一時間以上も待たせるのは、本当に効率が悪い。


TWITTER

メタボリック症候群のテレビ番組をみて

April 4, 2007 健康全般 No Comments

メタボリックシンドロームの番組をNHKのためしてガッテンでやっていた。
ウエスト男性85cm以上、女性90cm以上はメタボリックシンドロームではないことがわかった。
そもそもこの言葉が厚生省から昨年か一昨年に出たときに、NHKのニュースではその時は研究が始まったばかりで、確定したものではないと、あるいは医療費を上げる口実だということで処理されたかのように思えたのだが、民放はこぞってこの言葉を利用して、ウエストサイズだけに注目してメタボリックかどうかを判断するといった番組が増えたことも事実だ。

メタボリックシンドロームは代謝症候群、代謝がうまくいかなくなった状態を指し、ウエストサイズは最低限の条件である。これに高血圧、高血糖、高中性脂肪の内、2つが基準を超えてはじめてメタボリック症候群と判断されるのだ。

私もウエストは85cmはあるが、メタボリック症候群ではない。それは先に書いた3つの項目のどれにも当てはまらないからである。ウエストが男女で異なっても、中性脂肪の面積がおへその部分の水平割で100cm2以上あれば高中性脂肪となるようだ。この中性脂肪はCTスキャンでもしなければ判断はできない。結局はメタボリックシンドロームの判断には血液検査やCTスキャンが必要となるわけである。

ではこの症状を改善する方法として、番組では100kcalに相当するカードを被験者に選ばせて、それを日課で実行させることによってカロリーを抑えることを紹介していた。運動するよりかは、やはり食事の量を減らす方がかんたんであることがわかったのであるが、日常的にできる徒歩などは、時間をかけるルートを見つけてやはりそれを日課にするのがいいようだ。また体重を毎日つけることもいいようだ。ただ、番組ではいつ体重を測定するべきかを紹介していなかった。そこがしりたかったが、まあ、体重を測定しグラフ化するのもいいかも。そのときの食事も簡単に書くと傾向もとれていいのかもしれない。

健康は自己管理というが、本当にそう思う。他人に言われて体重が減るのであれば、すでに何度も医者からは言われているわけであるから、85cmというウエストも、実は私の体型からすると5cmほど多いのだ。体重もじわりじわり増えている。これも標準に対しては10kg増えている。せめて5kgは下げたいところである。

学生時代も良く食べたなと今の食事と比べても思うのであるが、その時はウエストが76cmで体重も80kgは低かった。今は食べる量は減っているのに、体重もウエストも上がっていることを考えると、やはり代謝の問題かと思う。日頃の運動を増やすしかない。それも日課にすることだな。

TWITTER

人間ドッグの二次検査に朝から午後まで病院へ

March 29, 2007 健康全般 No Comments

昨晩は普通に食事をしたが、今朝は絶食。水さえも飲めなかった。11時の目の検査があるので、10時半までに近くの病院へ。前に予約を取っていたので、まずは外来のように待たなくても良い。今日は視野を見る検査、血液成分、心電図の検査を一日で行うために行った。

まずは尿検査と血液検査。この尿検査が大変だ。人間ドッグでもそうだが、尿をとるからだ。よって、トイレに行く回数なども考えないと、水も飲めないから普通出るものも出ないのだ。まずは血液検査。検査といっても今日は採血だけ。私は自分の血を見ることが苦手、傷などは問題ないのだが、この採血は駄目だな。でも1分ほどで採血。その後尿を採取。ここまでは順調。

次に眼科に行く。人が多かった。でも私は予約をしていたので、11時過ぎにまずは視力検査や眼圧などを検査。そして視野をみる検査を行った。つまり私はド近眼なのだが、緑内障の検査なのだ。ド近眼は緑内障になる確率が高いそうだ。この視野をみる検査は、片目づつ、真ん中の光を見ながら、任意の場所で光る点があればブザーをおすという簡単なもの。時々その点が見えないこともあったが、結局今回も問題はなかった。でもド近眼である限り、この検査は毎年続く。よって、この検査の後に診察があったが、医者にまた来年会いましょうと言うと、応えてくれた。

ここでちょっとしたトラブル発生。

実は採血から採尿まではファイルを持って、眼科にそのファイルを持っていったのだ。そして診察が終わった後、外で待つようにと言われ、外で20分ほど待っていた。つまりこのファイルを持って、次の検査場所にもって行くつもりで。看護婦も外で待つようにと言ったからだ。しかし、私の後に診察した人が次から次へとそのファイルを持って会計に行く。そこでいつまで待たせるんだと言うと、すでに次の心電図のところにファイルは移動したと。

え~~~~早くそれを言ってよ~~~~~

で、ちょうど昼時、心電図は午後2時半からだったので、外食に。外は天気も良く、今朝はスプリングコートを羽織っていたが、それは意味のない、暑いだけの白物。すでにコートはかばんの中に。

そして午後、2時過ぎに心電図の検査。もともと医者と相談して心電図をとると聞いていたが、先に心電図をとり、その後医者からコメントをもらった。結局、何も問題がないということだった。心電図はいろいろ測定されるんだろうなと覚悟して行ったのだが、人間ドッグと同じ検査であった。

採血と検尿による検査結果は後日ということで、また予約を入れなければならない。

今日久しぶりのこの検査だったが、インフルエンザらしき人もいなかったし、この冬も風邪を引かず健康体でいられたのが良かった。

病院で思うこと、たぶん多くの人が思っていると思うが、かなり待たされてしまうことである。せっかく受診券というのができているのであるから、病院に来て、何かの検査ごとに時間を計って、会計が終わるまでの時間を集計して、事前にどのくらい待たなければならないのか概算でも表示してくれれば良いものを。あるいは歯科のように完全予約制にするとか、病院内に図書館みたいな施設を入れるなり、待ち時間でも暇をつぶせるようなことができないのであろうか?特に外来は待ち時間が長いので困る。せめて後何人目、大体何分というのがわかれば、外で時間つぶしもできるのに と思うのであるが。

TWITTER

ひざの上にできた皮膚の問題に今日皮膚科に、そこで得た先生の言葉に驚く

March 23, 2007 健康全般 No Comments

本当に久しぶりだ、少なくとも半年振りに医者のところに行く。風邪も引かず、全く病院には無縁であった。そんなときに、最近左ひざの上に色が変色し、皮膚が毛羽立っている部分が気になり始めた。薬をつけても全く治る様子がなかったのだ。かゆみもなく、ただ色が他と異なり、ガザガザしている。3cm円ほどの大きさだ。

今日皮膚科に行った。そして先生が言った言葉が、
「その部分って何かあたっているでしょう」

「ええ、服装が常に当たっています」

「風呂に入るとそこを洗うでしょう」

「ええ、もちろん」

「それが原因です、今日は軟膏をつけてガーゼをつけてください、1Wもすれば自然に治ります」

「ええ、ガーゼも直接当たっていますけどそれでもいいのですか」

「医者の言うとおりに実行してください」

(明確な回答を得られず)看護婦が軟膏を塗って、ガーゼを当ててくれた

といった感じの会話で終了。1時間ほど待ち、数分の会話で診察は終了。

皮膚ってただ何かが当たっているだけで状態が変わってしまうのか??

他の部分でこれと同じようなところはないが、そうそう先生は足の下にできるタコやペンダコの一種だと説明していたな。まあ、大事になることはないということで、まずは一安心だ。


TWITTER
Page 10 of 14« First...89101112...Last »
April 2017
S M T W T F S
« Mar    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives