Home » 偽装大国日本 » Recent Articles:

偽装大国日本: 公文書を残さない今の日本の体質

January 22, 2016 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: 公文書を残さない今の日本の体質

一昨年の集団的自衛権行使容認に伴う憲法解釈変更を巡り、内閣法制局が検討過程を公文書に残していなかった問題について21日、横畠裕介長官が初めて見解を明らかにし、法制局内での議論を記録していないことを認めた。参院決算委員会で江崎孝議員(民主)の質問に答えた(ニュース記事より引用)

機密文書は公開しないという法律も一昨年かな成立したと思うけど、日本はとかく公文書を残さない、記録を残さない、機密文書があるのかもわからない。

今回の記事では民主党議員が指摘をしているけど、その民主党政権でもあの311後の会議の記録を残していなかった。 … Continue Reading

偽装大国日本: 黙れと金を払う日本も、指摘を認めたことと同じではないのか

January 14, 2016 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: 黙れと金を払う日本も、指摘を認めたことと同じではないのか

事務所は、JSCが競技場のデザインに関する「知的財産権の問題を認めた」と主張。英紙デーリー・テレグラフ(電子版)によると、デザインの著作権を得よ うとするJSCに対して怒りの反応を示しているとし、満足のいく対応がなされない場合は法的措置を取る方針と報じている。(ニュース記事より引用)

この記事が事実なら、日本は彼女の指摘を認めた、でも金で解決しようとしていたとなる。

日本って本当になんでもかんでも金で都合の悪いことを隠そうとするな。

こういう問題は法廷ではっきりと判定を獲ればいいのである。そうしないと日本は指摘されるたびに税金から払ってその事実関係も消すのではないか。

 

偽装大国日本: 肥料偽装、ところで賠償責任などはっきりさせたらどうか、偽装することが常識になっている

November 6, 2015 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: 肥料偽装、ところで賠償責任などはっきりさせたらどうか、偽装することが常識になっている

JA全農(全国農業協同組合連合会)はJAを通して生産者に供給していた肥料について、チラシや包装の記載を偽った商品が多数あったと発表した。(ニュース記事より引用)

偽装に関しての記事はもう日本では驚かない、常識になっているのだが、この記事でもこの肥料がおかしいと思ったこと、そこが重要で、今後はそのしくみを入れれば偽装もなくなる可能性もあるのでは。

ところでこの加害者に対して被害者は賠償請求をしないのだろうか。少なくとも嘘の製品を購入し、それを売っていたのだがから、損失があるはず。そのあたりがもしむやむやになっているとするとそれも問題である。 … Continue Reading

偽装大国日本: 「タカタ」の不適切な報告書

自動車部品メーカー「タカタ」のエアバッグ問題で、タカタ製の部品を使ったエアバッグの搭載中止を決めたホンダに対して、タカタから、「データ操作」とみられる不適切な報告があったことがわかった。ホンダは、現在開発中の車種に、タカタ製の部品を使ったエアバッグを搭載しないことを4日、発表したが、タカタから提出された報告書の中に、問題の原因について、タカタにとって、都合の良い方向に誘導しようとする報告が見つかったことがわかった。ホンダは、第3者機関に検証を要請している。(ニュース記事より引用)

今や日本全体が「確認」をしないと、大手でもこのような状態になっていることが判明している。

たぶん日常的に自分や組織を守るために偽装をしているケースも多いのではないか。 … Continue Reading

偽装大国日本: 千葉県警が交通死亡事故の件数を改ざん

October 31, 2015 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: 千葉県警が交通死亡事故の件数を改ざん

千葉県警察本部がおととしまでの10年間にまとめた交通死亡事故の統計に165件が計上されていなかったことが警察の内部調査で分かりました。中には「交通事故による死亡」と医師が書いた死体検案書の写しに警察官が手を加えて「病死」としたケースもあり、千葉県警察本部は7人を訓戒などの処分にしました。(ニュース記事より引用)

この記事も全国の警察本部の状況が書かれていない。すべてグレイのままだ。

結局、ノルマが改ざんをする環境を作っているようだ。

あの杭打ちだって日程厳守でデータの転用でしょ。

まあ偽装大国日本だからしょうがないね。

また同じような記事がどこかであると思うけど、OKという記事がないから、ほとんどが何らかの問題を起こしているはずだ。

偽装大国日本: 整備記録を改ざんして運航

October 31, 2015 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: 整備記録を改ざんして運航

国土交通省は30日、航空会社のアイベックスエアラインズ(東京都江東区)が、整備記録を改ざんして運航していたなどとして、同社に事業改善命令を出した(ニュース記事より引用)

まあ改善命令だけで済むんだから、偽装はなくならない

偽装大国日本: この種の記事には驚かなくなった!! 問題の発表ではなくOKだったという発表のほうが早い

旭化成は30日、子会社の旭化成建材(東京)が過去約10年間に行ったくい打ち工事3040件の調査について、同日予定していた進捗(しんちょく)状況の公表を取りやめると発表した。旭化成は前日、進捗状況を30日に公表すると発表したが、調査内容で元請けの建設会社との確認・照合作業が難航し、報告をまとめることができなかった。(ニュース記事より引用)

OKだったという発表をしたほうが早い、OKだったと報告のないものすべてがグレイだということ。

日本は国の予算もチェックしない、この建築業界のチェック体制もいい加減、前にJR北海道だったかな、偽装があったでしょ、すべてチェックが機能していない結果。これは行政も監督責任もある。 … Continue Reading

偽装大国日本: 偽装でOKだったと言わないものはすべてグレイ!! でも現状が日本の常識なのだから指摘するだけ無駄!!

October 29, 2015 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: 偽装でOKだったと言わないものはすべてグレイ!! でも現状が日本の常識なのだから指摘するだけ無駄!!

横浜市のマンションが傾いている問題で28日、北海道でも杭(くい)打ちのデータに改ざんが見つかりました。そして、JNNの取材で「旭化成建材」が杭打ち工事を行った全国3040件のうち、数十件規模で、新たにデータの改ざんの疑いがあることを会社側が把握していることが分かりました(ニュース記事より引用)

結局、2-3年前のホテルの偽装事件と同じように、問題発覚したところだけ念入りにその部分だけ、今回は杭打ちだけ調べ、OKだったという報告は一切ない。

つまり問題のあった案件以外はすべてグレイだということ

北海道の関係者も言い訳のように、北海道は横浜と違って硬い岩盤があるから建物が傾くことはないと。

こういう判断でいる限り、このような問題は残るし、傾かないから偽装もしてもいいと言っているようなもの

監督側もいや監督していない行政もいい加減だということだ。 … Continue Reading

偽装大国日本: 事件が起こると偽装の内容がどんどんと明るみになる、なぜ事前にそれがわからないのか不思議

October 18, 2015 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: 事件が起こると偽装の内容がどんどんと明るみになる、なぜ事前にそれがわからないのか不思議

横浜市のマンション傾斜問題は、くいを打ち込む地盤の強度だけでなく、補強用のセメント量のデータまで改竄(かいざん)されていたことが判明するなど深刻の度を増している。データ改竄に手を染めたとみられる旭化成建材の男性管理者は、これまでの旭化成側の聞き取りに対して明確には不正行為を認めていないというが、建築不信の高まりは避けられそうにない。住民の生活を砕いた「複合偽装」は、なぜチェックできなかったのか。(ニュース記事より引用)

まあ、日本はすでに偽装大国日本なので驚くことはないのだが、なぜいつも思うのは偽装が発覚してから、調べ直すとどんどんと偽装した内容が明るみになることだ。

これって何かこれまでのデータを確認する、検査する、別の見方をする、見る人を変えてみるなどをしていると思うのだが、普段からそれをやっていればその時点で問題もわかったのではないか。

国交省もいつもその結果の報告を指示したとか監督する側はのんきに構えているけど、国交省でも高速道路の継ぎ目や北海道JRの問題を問題が発覚してからいろいろなさらなる問題を見つけた経緯もある。つまり日頃企業が行っている検査というのは、偽装もしてもわからない状態にあると言えるのではないか。 … Continue Reading

偽装大国日本: 東洋ゴムでさらに偽装発覚(確認後の発表)

October 15, 2015 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: 東洋ゴムでさらに偽装発覚(確認後の発表)

基準に満たない免震ゴムを製造・販売していた東洋ゴム工業が、新たに、船舶や鉄道の振動を軽減するゴム製品などでも性能数値を改ざんしていたと発表した。新たに不正が明らかになったのは、東洋ゴム工業が製造・販売する、船舶や鉄道などの振動や騒音を軽減するための「防振ゴム」と呼ばれる製品。出荷する製 品の性能数値を改ざんしたり、品質検査を実施することなく、189種類の製品、8万7804個あまりを18社に販売していたとしている。(ニュース記事より引用)

この記事のように問題が発覚して、さらに調べて問題があったと発表する企業はまだいい。このような記事があって、ひとごとのように何も自社の確認もしないで、経営陣が自社の問題を把握もしないで、売上の数字だけよく見せているようなところが日本にはかなりあると思う。

確認をしていない、OKだったとどこも発表もしないのだから、グレイな企業ばかりということになる。

日本は本当に確認という仕事がないようで、OKだったという発表すら想定していない。すべて隠せばいい、偽装して売上に貢献できればいいというのが日本の文化のようだ。これがもう何年も続く、ある種の伝統になっている。 … Continue Reading

Page 3 of 612345...Last »
June 2017
S M T W T F S
« May    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives