Home » 偽装大国日本 » Recent Articles:

この日本はどうなっているんだ~日展のこの関係者の第三者委員会関与はJR北海道のデータ改ざんと同じ

November 22, 2013 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on この日本はどうなっているんだ~日展のこの関係者の第三者委員会関与はJR北海道のデータ改ざんと同じ

公募美術展「日展」の不公正な審査を巡る調査で、日展事務局が第三者委員会(委員長・浜田邦夫元最高裁判事)に代わり、審査関係者に調査書を送って回収し ていたことがわかった。日展上層部に漏れることを懸念して内部告発情報が寄せられない恐れがある。文化庁は21日、第三者委が独立して機能していない可能 性があるとして改善を指導した。(ニュース記事より引用)

これが事実なら、いや個人的にはすでに日本は偽装大国日本として救いようもないと思っているのでどうでもいいのだが。

この記事からすると日展の状況を第三者委員会に判断してもらうというところに、日展関係者も関与していたというのは、JR北海道のデータ改ざんと同じではないか。自分たちに都合の悪いものをその中に入って、対応を図るというのと同じである。

改善を指導とあるのだが、本気にやるなら、文化庁が実際に調べればいいのである。誰かに任せるからこういう不正が行われるのではないか。JR北海道のケースとどこが違うんだろうか。結局、身内の不祥事を隠すことだけはプロ並みなんだから、それを任せてもダメである。

まあ、JR北海道の場合は国交省の特別監査も3回もやるというプロとは言えなかったけど、やはり当事者に検証を任せるのはダメである。 … Continue Reading

選挙に影響していたなら返金だけで許される問題ではない、これも偽装大国日本のひとつの例にすぎない

医療法人「徳洲会」グループが、昨年12月の東京都知事選の前に、猪瀬直樹知事(67)側に5千万円を提供していたことが21日、複数の関係者の話でわ かった。猪瀬氏はこの選挙で初当選。徳洲会が公職選挙法違反容疑で東京地検特捜部の強制捜査を受けた後の今年9月、猪瀬氏の秘書が全額を返却したという。(ニュース記事より引用)

こういう問題もそうだが、強制捜査とか行われるときまずいからと返金をして謝罪するのだが、これって本来なら最初から受け取らないのが本来の社会人なのではないのか。一度それを受けて、選挙もあって、9月まではそのままにしていた責任がある。

こういうニュースになることはすでに都知事はグレイなのである。

また国会議員の常識として、知らなかった、返金したからいいでしょで済まされることではない。

一体全体、日本の政治家はどこまで腐っているのだろか。ただでさえ高報酬なのに、こういう金による裏工作ばかり、後に指摘を受けるまで何もしない、指摘を受けると返金するというのはやはり日本の偽装大国を証明する事実ではないか。

どこに中国政府と違いがあるのだろうか。日本の政治家も国民よりも税金の無駄使いや裏金のことばかりでそれを悪いと思っていないのが問題ではないのか。

偽造大国日本、誰もそれを否定出来ない状況がどんどんと出てきているではないか。 … Continue Reading

ユニセフ本部は各支部からの81%の19%を活動費に使っているのかな?

November 21, 2013 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on ユニセフ本部は各支部からの81%の19%を活動費に使っているのかな?

ユニセフ募金のうち各協会の活動費にあてられるのは最大25%と定められているが、日本ユニセフは2012年度の活動費を19%に抑え、81%(130億円)をユニセフ本部に拠出した。(ニュース記事より引用)

何かもしこの活動費が問題なら、ユニセフ本部は各支部があるのだから、そこから資金を集め。20%ずつを活動費にしたらかなりの費用になるのではないか。何かこの仕組み、ねずみ講にも似ているんだけど。本来なら、資金はすべて100%、本部が管理し、活動費はあくまでも本部が決めた割合で平等に割り当てないといけないのではないか。

日本の国の予算も同じである。予算が成立したら、その関係者全員に対して、活動費を割り当てるべきで、ねずみ講のようにどんどんと活動費を搾取するのも問題である。(この場合はねずみ講は下から金をどんどんと積み上げるが、役所の場合はその逆で途中にいる組織がどんどんと活動費を搾取するという意味では厳密違う)

でも基本は同じで、本来の予算やこの寄付で使うべき費用がすべて国民からの税金や寄付なのに、それを生活費も含めた活動費にしているのはすべてを後悔し、それを国民が納得しないとダメなのではないのか。 … Continue Reading

これってどういうからくりがあるのだろうか~偽装大国日本ならば根拠を示せ、またこの数字も誤表示だったと数年後に謝るのか

November 20, 2013 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on これってどういうからくりがあるのだろうか~偽装大国日本ならば根拠を示せ、またこの数字も誤表示だったと数年後に謝るのか

環境省は19日、日本の2012年度の温室効果ガス排出量(速報値)は13億4100万トンで、京都議定書の基準年である1990年比で6・3%増となっ たと発表した。議定書で「90年比6%減」が義務づけられている08~12年度の平均は1・4%増だが、森林による吸収分や排出量取引などの「京都メカニ ズム」分を差し引くと8・2%減で、義務達成が確実になったという。(ニュース記事より引用)

私の記憶では数年前にプラスだったはず。それがマイナス6%を大幅に超える達成率になることが信じられない。そもそも原発も停止し、さらに電力消費は増えているはずなのに。さらにこの森林による吸収率ってどういう意味なのだろうか。それが机上の数字なのではないのか。本来の電力の消費だけみれば1990年当時よりも多くなっているはず。

この森林の吸収率からすればロシア、アメリカ、カナダもかなりの数字を達成できるのではないか。森など多い国土の広いところはいくらでもこの数値を加算できるからね。便利な言い訳にもなる。

この実力といえる部分などもその割合、いや根拠を示さないと、偽装だらけの日本のどこを信用できるというのか。

さらに本当に-8.2%達成なら、なぜその調子で2020年の目標を25%にしないのだろうか。これまでの実績もあればその調子でやればいいのである。海外から不満が出るのは当たり前のはなしではないか。 … Continue Reading

日本の技術を活かせない日本政府の環境目標~ごめんなさい、できる範囲で許して!!

November 15, 2013 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 日本の技術を活かせない日本政府の環境目標~ごめんなさい、できる範囲で許して!!

政府は15日午前、地球温暖化対策推進本部(本部長・安倍晋三首相)を開き、2020年までの温室効果ガスの排出量を05年比で3・8%削減するとの新た な目標を了承した。現在、ポーランドで開催中の気候変動枠組み条約第19回締約国会議(COP19)で、石原伸晃環境相が表明する。新目標は、原発の稼働をゼロと仮定して策定した。20年の温室効果ガス排出量は約13億トンになり、従来の基準年である90年と比べると3・1%増になる。同本部では、温室効果ガスの削減を国内外で進める「攻めの地球温暖化外交戦略」も決定。環境関連の技術開発の推進に向け、今後5年間で官民合わせて1100億ドル(約11兆円)の国内投資を行うことが柱で、新目標と合わせてCOP19で表明する。(ニュース記事より引用、日本政府は謝罪会見を国際会議で表明するのかな)

こえは原発再稼働のための費用なんだろうね。原発ゼロと宣言し、11兆円をそれに使うならまだわかるけど。やはり将来、原発ゼロで進んでいるドイツに日本は負けるよ。

同戦略では、途上国の温暖化対策支援として、13~15年の3年間で官民合わせて計160億ドル(約1兆6千億円)の拠出を盛り込んだ。途上国に環境技 術を提供する見返りにCO2の排出削減分を日本側に算入する「2国間クレジット制度」で、制度参加国を現在の8カ国から3年で倍増させることも目指す。

これも実力のないことを証明する仕組みの利用だ、こういうことばかりでごまかすのは今の偽装大国日本の象徴。本来技術的にも環境目標を達成できる実力があれば、こういう発表はオプションにするべき。これにも頼るんだったら、25%目標でもできるのではないか。

偽装大国日本だから環境目標もCOP19ではまず謝罪から始まるのかな、

ごめんなさい、1990年比6%削減はできませんでした、さらにいいわけだけど311もあって、原発事故も起こしてしまいました。原発なしでは目標も達成できません、だから許して、まだアメリカや中国が大量にCO2排出しているでしょ、だから目標もできる範囲で許してくれ、今後は11兆円をかけて原発を再稼働するから、それで今回の目標もオリンピックもするんだから許して

とね。これが世界的に認められるのだろうか。とうとう技術大国から墜落だね。原発事故もお手上げと言うことになると思う。オリンピックもやりたいから原発再稼働も許して

 我々にできる節電(http://juttiesk.info/forum_ja/viewtopic.php?f=9&t=853&p=1626#p1626には解説も記入)

・自動販売機の撤廃
・オール電化のマンションの廃止
・イルミネーションの廃止
・新規で電力を食うビジネスなり電化製品は、それに変わる古い代替を見つけ、それを削除すること
・原発再稼働ではなく自然エネルギー開発
・自宅に一台、発電機と蓄電池、電力企業との決別
・夜間もすでに無駄に捨てられている電力の活用
・公共の施設の活用、高齢者にも日中だけでも公共施設を使わせれば家庭の電力は使わなくて済む、スーパーでも図書館でもどこでも集まれるところ
・日中、外での仕事の人は冷蔵庫以外はブレーカを落とす
・残業もゼロに、日中にすべてやり終える
・コンビニ、スーパーの8時-17時営業の徹底
・日曜のデパート休業
・長期休暇の取得の自由化、バカンスは海外で
・スーパーなどパック化の廃止、昔のように、その食材を仕入れてその日に売り切る、量り売りなど
・無駄な商品などの生産の自粛
・サマータイムの導入
・海外での仕事に付くこと、海外で成功すれば日本にいる必要はない
・家庭に必要のない家電製品の廃棄、新しいものを買うなら、その費用効果を考える。例えばスカパなど契約するなら毎日24時間利用しているのかなと
・商品の回転率の早いものはおのづとムダも多く、電力も食っているので、その改善を
・電車やバスも利用客の少ない場合は本数を減らす
・地域ごとに無料の貸し自転車を置き、タクシーやバスの利用も削減に
・夜の照明、街頭も少なく、安全を気にするなら、残業しない、遊ぶなら自宅近くで、家庭中心主義に
・深夜バス、電車運行の廃止
・まずは各自総電力の半分で出来る方法を考えて実行すれば、それが全部に行き渡れば最大で50%削減できるはず。そういう目標をつけてやらないとまずは無理
・都会に流入する自動車の規制をする。外から来るものは郊外に駐車させて、公共交通を使わせる。それによって都心部の交通量も減り、流通も楽になる。
・流通は電車も利用する、そうすることでトラックなどの相対量も減る
・流通の基本は地産地消に、そうすることで人が地方に動くようになるし、食材を地元で作るようにもなる
・梱包の廃止、ノシ、お中会元などの専用梱包、など必要以上の梱包の削減
・書籍のカバーもいらない、洋書のように何もない状態で十分
・年賀状などもメールなど紙媒体に頼らないものに
・テレビとPCモニターは共通化に、一人で両方同時に使うことはまずない
・電化製品で記録する媒体の廃止、DVDとかBD、さらにその録再機も廃止に。これらはストリーミング配信で十分、個人的に記録するのは家族や友達の記録など限定的にすること。そすれば著作権やコピーの問題も解消する
・書籍の電子化、電子化が進めば紙媒体がなくなる
・プリンターの廃止、3Dはいいとしても、紙への印刷、さらにコピー機ももはや環境対策にはNG機器
・先の公共施設の活用では、特にマンションなどはシェアリング住居に。そうすれば家賃も、光熱費も削減できる。テレビなども共有化、あるいはネット配信で視聴をすることで解消も。
・テレビ番組も同じ内容ならその番組は休むことだ。ニュース記事、天気予報など他局と同じなら配信する必要はない。そもそもネットで見れるのにテレビでは必要ない
・新聞、雑誌なども同じ、ネットでストリーミングで見れれば十分。
・ラジオは緊急、防災以外はやはりネット配信で十分。

いくらでもあるではないか。ポイントは環境対策は自分でできること、代替で削減できるならそれを実行すること、持っていてもほとんど使わないものは捨てる、今後も買わない。使いたいなら友達や会社で使うことだ

まあ、心配しなくてもドイツを始めとしてこの環境目標は欧州を中心に実績もあげてそれが世界標準になるから。日本がその中心になることはまずなにから現状の生活をしておけばいい。

Page 6 of 6« First...23456
June 2017
S M T W T F S
« May    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives