Home » 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) » Recent Articles:

昨日は約10時間ビジネスプランのミーティング、すっかり疲れた

July 9, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 昨日は約10時間ビジネスプランのミーティング、すっかり疲れた

BOND大学MBAのビジネスプラン(BP)提出の期日が残り3Wにせまり、あせっています。
6月のすごし方を間違ってしまい、今になってあわてふためいています。

昨日は1時より都内、秋葉原でFTOFのミーティング。冷房もあまりかからない部屋で、設備こそすばらしいのはあったものの、一部のメンバーはskype参加。先週までに急遽書いたたたき台と問題点を昨日はひとつひとつ議論しながら、結論付けました。

最後は10時。頭は痛くなるし、まわりは秋葉原なのにさすがに10時にはほとんどだれもいませんでした。

これからビジネスプランを各グループは、前倒しでやることを決めていくことをアドバイスします。つまり、残りひと月でレポートをまとめようとは考えないでほしいと言う意味です。今回は8/1提出ですが、7/1に提出することを想定して準備すべきだと言う意味です。この意味は実際にやってみればわかります。

どうなるんだろう、残り3Wなのに、全く煮つまらない。

.

TWITTER

今日は夕方都内でFTOFのミーティング

June 23, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 今日は夕方都内でFTOFのミーティング

今日は集まれる人だけ集まって夕方3時間、ビジネスプランのミーティングを行いました。

これは時期としては遅れていて、緊急事態からでた対応です。

ビジネスプラントはBOND大学のMBAコースの卒論のようなものです。グループでレポートをまとめて2回目以降のスタディツアーでプレゼンを行います。

最終のレポートはこれまでの提出レポートも含めてトータル40ページを提出します。

ではこれまで何をやってきていたのか。そう、6月は結果論ですが、スケジュールを読み間違えていたということです。グループのメンバーがスケジュールを意識せずに1W単位でレポートだけ書けばいいやという考えでいると、このプランはまとまりません。これは保証します。

緊急事態といったのは未だにレポートの後半部分の一部も存在していないことです。学生とはいえおのおの現実の仕事を行っているわけですが、このグループワークをある一点だけ毎週議論したり、他人任せでやっているとまとまりません。

ビジネスプラントは我々社会人が例えば新しい製品を作るのと同じことです。それを実現するためにチームを組んで、新しい製品を具体的にするためにいろいろな調査を行い、財務も含めてまとめることは当たり前のことです。

しかし、

単なる学業の一部として考えていると、決してまとまりません。これが現実の仕事であれば、時間の無駄、上に説得もできない事業プランになってしまうのです。

今日はまずは提出物の観点から、これから書かなければならないレポートの項目の確認と、担当者を決めました。期限は1W。6月末までにまずはたたき台を作ることに集中することにしました。そして7月に英語化と内容の分析、編集、校正などを集中的に行い、よりよいレポートを提出することを目指すことにしました。

skypeでの討論には必要なこと、skypeでも実際は毎週討論していましたが、まずはそのskypeの時間で何を決めなければならないのかをだれでもいいから決めること。また時間を決めて効率よく進めていくことに尽きると思います。

FTOFでも会議をする場所は、お金を払っているので、それに見合う議論をするために、その議題の明確化、目標を決め、時間配分を気にしながら議論を進めるべきです。

ああ~~~

まだまだ、不安なんだけど、来週までにたたき台を作らなきゃ。

そして7月はレポート全体を見ながら皆と議論中心でレポートの中味を吟味しなければ。

.

TWITTER

午後、平久保仲人氏の講演に参加

June 16, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 午後、平久保仲人氏の講演に参加

今日は午後から秋葉原の富士ソフト秋葉原ビルでマーケティングに関する平久保仲人氏の講演に参加してきた。平久保氏はビジネス・ブレークスルー講師の一人でBOND-MBAとBBT大学院大学のマーケティングという科目を担当している。

平久保氏はニューヨーク市立大学ブルックリン校経済学部マーケティング助教授でもある。

私もマーケティングは2年前にそしてマーケティングストラテジーを昨年春に受講した。BOND-MBAでは入学と共にこのマーケティングを受けることになる。確か2ヶ月か3ヶ月の長い科目でグループワークもここで経験することになる。

これまでも何回か平久保氏の講演はあったが、今回は最初の参加となった。両大学院の生徒の参加で180名。結構な生徒の数であった。

講演の前半は幸せを感じるとはどういうことか、つまり、仕事でも楽しくやらなければいけないよねといった内容で、カネだけで幸せはつかめないよといった内容。後半はマーケティングの内容で、精神論が最近は論文とかでも発表が多くなってきているといった内容だった。

やはりニューヨークで長年教鞭をとっているので、しゃべり方もすばらしいし、時々英語も入る講義であった。この先生の奥さんも有名な方なのだが、度忘れしてしまった。

この講演後、同じビルで懇親会があり、約2時間、立食パーティに参加。平久保氏も参加し、名刺交換と共に講義の感想など話した。今日はBBT大学院大学とはじめての合同だったが、年齢層も若く、とにかく元気。BONDとBBT大学院とグループが分かれてしまったが、何人かとは話をすることができた。

ABSと違うのは、大学院の学生であって、経営者はいても数人。ABSは経営者志望が多く、名刺にはすでに社長の肩書きがある。といった違いがある。また大学院はやはりマスターなので、単位を取っていかなければならない。卒業ができないからだ。そこがABSと違う。

でもBONDはすでに19期、BBT大学院は確か5期である。順調にビジネススキルを取得したあるいは取得しようとしている生徒が確実に社会で活躍していることがわかる。

私もまだ今年は科目が残っているが、同期の生徒で数名すでに今年の1月で卒業している人もいるので、がんばらねば。

.

TWITTER

8月のSTに向けてようやく航空券を予約

May 31, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 8月のSTに向けてようやく航空券を予約

今日ようやく8月のStudyTourに向けての航空券を予約しました。それも一応、このStudyTourで予定の教科をすべて終わるので(合格とは別)、周遊券にして、ブリスベーンとメルボルンに行くことにしました。本来は28日間ゆっくりと周れるのですが、やはりそこはできず、2Wちょういかな。メルボルンに行くとすると、10年以上ぶりです。まだ先方には連絡していないけれども、実はホストファミリーとの関係が今でも続いていて、いつかは行こうと思っていたのです。そこで1W滞在することにしました。イギリスにはすでに3年行っていない分、このBONDのコースを早く終わらせて、またイギリスやオーストラリアに毎年行きたいものです。

メルボルンといえば、NOVAの先生も多く、すでに帰国された先生にも会う予定にしています。つまり、運がいいというか、メルボルンに行っていてよかったと思っているところです。だって、メルボルンのホストファミリーとの出会いも、もともと業者にシドニー滞在で予約を入れ、それがかなわず、メルボルンに変更して出会った家族ですからね。

航空券は周遊券って、いいですね。2都市に滞在するだけで、28日間帰国まで含めて、航空運賃が変わらないのです。最短で戻ってこようが、28日まるまる周遊しようが、同じ値段。今回の価格は、前回1月にブリスベーンの往復便と全く同じ金額なのです。高くもなく安くもなくなので、まあ、前回と同じであればということで決めました。

ただ、皆さんご承知の通り、石油の値段がまた上がっていて、航空運賃も表示される価格以上に燃料代を徴収されてしまいます。今回も3万円ほど高くなってしまいました。今後さらに上昇すると、これらはすべて乗客負担なんですよね。これって石油業界の儲けだよね。自動車よりも飛行機の石油依存をまずは無くすことを考えなければいけないのでは?

では今度は宿泊先も予約しなければ。

.

TWITTER

HBRの資料が届いた

May 30, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on HBRの資料が届いた

先日、ハーバードビジネスレヴューの資料をその出版社から購入し、その後BOND大学からそれを無料で入手できることを紹介したが、その前に、国内で書籍にしてくれるサービスに注文をしてたものが本日届いた。数ページなのだが、価格は1000円ほどしてしまった。ただ、BOND大学にしても出版社にしてももちろん英語なのだが、国内のものは日本語版であった。これはありがたい。やはり日本語を読んで理解し、英語を読むことも必要だからだ。


TWITTER

Harvard Business Reviewの記事をネットで購入

May 24, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on Harvard Business Reviewの記事をネットで購入

Harvard Business Reviewのバックナンバーを探すのも難しいときに、ネットで購入できることを今日試みて、pdfファイルのダウンロード版を購入した。たかだかUS$6だ。

http://harvardbusinessonline.hbsp.harvard.edu/hbsp/index.jsp

このサイトでまずはユーザ登録を行い、自分がほしいタイトルを探して、それを購入する手続きをするだけだ。書籍としても購入は可能だが、pdfファイルのダウンロードで今回は購入した。よって、すでに手元にある。ネット上で散々このタイトルを探し回ったが、結局見つからず。このサイトに行く前に、日本の書籍を扱うサイトに。ここではやはり同じページをわざわざハードコピーして、その部分を製本して郵送してくれる。これを先に注文してしまった。価格も高くないという判断からだ。

その後に、上記のサイトをみつけた。そして注文し、手元にその記事があるのだ。まあ、今後はこのサイトでネット上に公開されていなければ注文することになると思う。これは英文である。


TWITTER

FMが始まりはや一週間、昨晩はVCがなかった

May 21, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on FMが始まりはや一週間、昨晩はVCがなかった

昨日はファイナンシャル・マネジメント(FM)が始まって早一週間。昨晩ヴァーチャルコミュニケーション(VC)もシステムの問題でなかった。延期になった。VCとは先生の講義をパソコン上でテキストをみて、質問などをテキストで行うものだ。それが一週間延期となった。

私はこのFMは、真剣に取り組んでいるつもりだ。まずこれを落とすと、その受講料が約25万円さらに追加しなければならない。そして年に一回しかない。必須科目だからなおさらだ。

英語の教科書に、日本語の関連書籍も追加購入した。そして講義の進行とは関係なく、毎日ひとつの章を勉強するようにした。それはどっちみちスケジュールどおりにやったとしても、それは一週間単位だが、週末にそれが集中し、中途半端で次の新しい章にいくからだ。先週は実は1章から5章まで一気に進んだ。これがスケジュールだが、5章がFMでは基本の内容なのだ。だから当分はこの5章をもとに展開する。つまり、現在価値や将来価値など基本事項がこお5章につまっているのだ。

では1章から4章は何かというと、FMの導入、あるいは会計学の基本などが中心だ。

そしてこのスケジュールでは12章までしかやらない。テキストは23章あるがその半分で十分なのだ。そこでこの12章を半分にわかて、2週間単位でこの12章を繰り返すことにしたのだ。このFMは8月まで続くので、この2W単位で割ると、5回か6回繰り返すことになる。これが私にはいいと思って、すでに先週までに6章まで進んだ。でもすべてをやっているわけではない。少しずつ進めて行くということには変わりない。

日本語の参考書ももともとのBBTのサイトやBBTの大学院のコーポレートファイナンスの講座も参考にしている。この講座も最近パーフェクでやっているのでこれらを録画して、これも見なければならない。ともかくもファイナンシャルの意味を日本語で理解し、それを応用として英語の問題も解いていくという流れを作った。

このFMにはグループワークがない。今のところ勉強会も予定がなく、本当に独学なのである。ゆくゆくはいろいろ質問事項も増えてくると思うので、そういった対策も考えなければならない。とにかく約三ヶ月、FMをPASSすることに集中したい。

(実際は他にも科目があり、それとの配分もある。)

TWITTER

昨晩はビジネスプランの会合で3時間

May 14, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 昨晩はビジネスプランの会合で3時間

昨晩はskypeによる会合を行った。通常は2時間で終わる予定でやっているが、3時間かかってしまった。5/1に2回目のレポートをだし、先生から10数項目のコメントをもらっているから、それを解決しなければ先に進まないという判断からだ。

正直、グループワークでビジネスプランを作成しているが、やればやるほど、実現性が遠のいていっているように感じてきた。でもこれも必須科目なので、後半戦に向けて、内容を吟味して、最後の発表までこぎつけなければならない。まだ後半戦が始まったばかりだが、時間があるからとのんびりしていると、前回のように、土壇場で都内でミーティングになってしまう。

このプラン作りも戦略の一種だ。また今日からファイナンシャルマネジメントも始まったが、これも8月まで続く。今週は英語のテキストをchapter5まで一気に進む。といっても私から見ると、chapter3は会計学の復習、chapter5がファイナンスの基礎と思っている。つまりchapter5が重要なのだ。

これも戦略が必要で、のんきに構えておくと、すぐ日にちがたってしまう。よって、私はchapter12までを毎日少しずつ勉強しようと思っている。つまり、今日chapter01であれば明日はchapter2といった具合だ。なぜかというと、前から順番にやっても8月にはまた最初から復習となる。その時に前の章の内容を忘れている可能性もあるからだ。また3ヶ月で何があるかわからない。つまりリスクを最小限にするための考えだ。1週間ひとつの章でもいいのだが、そうすると毎日やらなくなってしまう。週末にまとめてやることになって、結局、中身をあまり見ないままに次の章に行く可能性もあるのだ。これでは、浅い理解で進むので、結果が見えている。とにかく、内容の理解と、英語の設問に対してどう解決するのかがポイントだ。これが私の戦略だ。目標を決めるしかないのである。

先のビジネスプランも、8/1が次回の期限だが、前だおしの具体案はメンバーから出てこなかった。どうしてもグループだと、担当割を行って、その人にまかせっきりになる傾向もあって、結局担当割りになった時点で、すぐにレポートができるという感覚で皆がいる。これはとても怖いことで、レポートができると、議論がおろそかになる可能性もある。それはこのたたき台をいつ作るかにある。それが提出期限に近いほど、議論がなくなるのだ。議論があまりなく、もうこれでいいじゃないといって提出したレポートがこれまでいくつあることやら。まあ、点数はとれているのでいいのであるが、せっかくのグループワークは単に、担当をわけて責任分担で書き上げるだけのワークになっている。個人的にはそれは避けたいのだが、どうしても受けいられない。これは仕事の感覚でそうなっていると思う。仕事では担当する仕事以外は普通はやらないからだ。だってほかのことまでやる時間があれば、次の仕事を上司は入れてくるだろう。結局グループとは仕事の内容を分散させるだけの意味しかないということだ。よって、コミュニケーションも少なくなる。意見を言う人、あるいは声の大きい人の意見が通る確率も高くなり、あるいはいろいろ議論しても上司の一声で決まってしまうことも大いにある。

まあ、グループワークでまず必要なのは、進行を担当する人、議長でもいいのだが、ある限られた時間の進行をうまくコントロールして、結果を生むこと、あるいは、適度にまとめを入れながら、次へと導いてくれる人、そして書記の機能もできる人、単に話し合って、議事録がないのは、やはり問題だ。議事録にはいろいろな情報が入っていて、あとで確認もできる。進行役と書記役はグループワークでは絶対に必要だな。

さてさて、ビジネスプランは今後は内容もそうだが、財務関係、つまり収益モデルを具体的に考えねばならない。ビジネス=収益がある これが成り立たなければ何をやっても意味がないからね。

TWITTER

履修するのにいちいち生徒が登録することに

May 3, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 履修するのにいちいち生徒が登録することに

BOND大学の科目の履修方法が変更になった。以前は、登録するのはSTUDY TOUR以外は自動で登録され、それをキャンセルするときだけ操作を必要としていたが、最近、新しいシステムの導入で、個々の科目の登録を自分で行わなければならなくなった。

またメールのやり取りも、個々のメールではなく、学校が登録しているMicrosoft outlook web Accessからやることになったのだ。学校からは多くのメールが全生徒に配信されているが、遠距離通信で履修している私にとっては98%は意味のないメールばかりだ。

今回、8月に受講するSTUDY TOURの科目を登録できるというメールをもとに履修登録を行ったのだが、それができず、問い合わせることに。そうすると以下のようなエラーメッセージが表示された。

「サーバー上にこの言語のコードページが見つからないため、メッセージを送信できません。サーバー管理者に問い合わせてください。」

いつもそうなのであるが、なぜ「サーバー管理者に問い合わせてください。」なのだろうか。そもそもこのメールシステムはマイクロソフトが作って、学校がそれを採用しているのに、サーバ管理者というのは、学校なのか、私のサーバ管理者なのかわからない。いつもこういったエラーメッセージが出て、マイクロソフトには関係ないかのように示すのだ。ヘルプにもトラブルシューティングがない。

そうこうしているうちに、この解決法がネット上にあった。やはり、他にもこういった問題が発生しているのだ。

解決法はいたって簡単で、やはりマイクロソフトの問題、IEのセッティングの問題だった。

Tools→Internet Options→GeneralタブにあるLanguageをクリックしてmove upとdownでEnglishが一番上に来るようにすること

せっかく打ち込んだメール内容をキャンセルして、この設定を変えて、メールを一から作らなければならない。私の場合はこういったことがいままであったので、メモ帳にコピーをとり、記述内容のdeleteだけは免れた。結局、画面が英語モードに変わって、送信もできた。

本当に、ネット上の問題に対するサービス性は顧客から見ると最低レベルである。ヘルプも機能していないし、管理者に聞けというのも責任逃れにしか見えない。エラーメッセージを出すということはその問題を意識しているはずなので、解決法までそこで示すべきではないだろうか?こういったエラーメッセージの表示は不親切だ。

TWITTER

やっとビジネスプランの2回目の課題を提出

May 1, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on やっとビジネスプランの2回目の課題を提出

今日22時過ぎにBOND大学にビジネスプランの2回目のレポートを提出しました。昨夕に終わる予定でしたが、結局何度も何度も書いている内容を確認し、条件とも照らしあわせて、夜、skypeによるグループミーティングも行って、無事に提出しました。

次回は8月ですが、8月末には発表会もあるために、これからの3ヶ月は、スケジュールを前倒しにして行うことでもメンバーとの合意も得ました。都内でのミーティングも前倒しで行うことでしょう。時間があるからまだいいやではなく、ひと月単位の目標で区切ってやることに意味がありそうです。3ヵ月後ではないのです。

でも今日までのレポートはさすがに疲れました。

TWITTER
Page 3 of 1112345...10...Last »
November 2017
S M T W T F S
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives