Home » 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) » Recent Articles:

ABS 3回目の講義に参加

March 13, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on ABS 3回目の講義に参加

この日記は3/14に記入している。というのも昨晩はABSの講義に参加して帰宅が今朝1時ごろだったからだ。

今回の講義の前半は、参加している生徒が考えているビジネスアイデアの紹介と他の生徒や先生からのコメントもらうこと、後半は「ビジョンの策定」と「起業家倫理」の講義を受けた。

ビジネスアイデアの部分は私の場合、まだまだ概念でしかなくここで詳細もかけないのであるが、回りの生徒にはすでに起業している方もいるのでいろいろなことで参考にはなる。

ビジョンの策定では、企業の存在意義は何かというところなのであるが、これは重要なことである。自分で何をしたいのか、どう社会を変えたいのか、どう社会貢献したいのか というところになる。

起業家倫理では昨今の起業による不祥事の有り様は目に余るものがあるが、結局どこの企業も起業家精神がかけているのではないかと思われる。よく社長交代が行われるが、創業時の志がまずは引き継がれていないのではないのであろうか?多くの企業では目標となるのは数字であって、結局売り上げ、黒字化になってしまうのである。よって、それが達成できないと見通しが付くと、下方修正や内部でのいろいろな調整があるのである。リストラもそうだが、残業時間カット、光熱費カット、研究開発費用カットなど姑息な手段を使って数字を良くしようとするわけである。

先に書いた表にでてくる不祥事は、やはり社内ルールと社外の一般常識との差で生まれてくるのではないだろうか?

たぶんに、多くの企業にはこういった差があると私は思う。

TWITTER

ABS 不動産情報配信事業のNEXT社長 井上氏の講演に出席

March 7, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on ABS 不動産情報配信事業のNEXT社長 井上氏の講演に出席

今日は夕方よりABS東京校に行き、2時間NEXT社長の井上氏の講演を聞いてきた。彼はもともとリクルート出身なのであるが、不動産事業には3ヶ月しか触れていない20代前半に起業し、不動産情報をネットに配信し、それで成功している。創業10年で東証マザーズに上場している。彼はいろいろ経験のない状態での起業だったが、自分の勉強をはじめ、不動産情報の変革を強く望み、それに共感する人が集まり、協力のもとでいまやこの分野ではトップにまでに登りつめたのだ。人の縁がやはり重要であったことを振り返っている。

一般的に日本では起業は倦厭しがちなのであるが、やはりこれからの時代、ビジネスにはいつでもチャンスがあり、リスクも高いけれどもそれを克服することで社会を変える、そしてその結果として利益を出すというところが重要なのかもしれない。手本はすでにアメリカという市場や実際の人がいるわけであるから、その手法を盗むことも可能なわけである。可能性がある限り、定年でゆっくりというよりかは、歴史に残るようなこともやるべきではないかと個人的には思っている。大企業でマネージャーになっても一度外へ出ると単なるおじさんだが、起業してそれが世間に認められれば、創業者は少なくとも後世まで語り継がれるということだ。

どこどこの課長、部長といっても社会貢献をしていない単なる肩書きを持った人にはなりたくない。むしろ人に対して製品やサービスで貢献できるような人でありたい。ボランティアもひとつの方法なのだが、そこには生活もあるわけで、最低限の生活ができれば、他の人に手を差し伸べることができれば、それは私の理想である。助け合うこと、コミュニケーションを持つこと、そして楽しく人生を皆でおくれることが重要だと私は思う。もちろんそこには競争もあるのであろうが、googleのような考え方を維持できれば本当に理想だ。社員も家族の一員であるということ。そういった考えの日本企業ってあるだろうか?結局企業精神のない社長が大企業の座にいて、リストラで固定費を下げ、あたかも赤字が軽減しているという見せ掛けしかできない多くの企業に未来はあるのだろうか?

また中高年以上の人のネットワークを作って、彼らの多くを雇用するような起業もできるのではないだろうか?シニア層も重要な人材だ。せっかくの人材が個々に動くものだからそこには統一がなく、グループとしての起業する機会を逃しているようにも思える。そういう意味では中高年者でリストラにあった人にも起業するというチャンスがあるわけであって、人材派遣業でただ雇われる機会を待つだけでは、正社員にもなれないし、収入も減ってしまう。

独自の考えをツラツラ書いてしまったが、何を言いたいのかというと、高学歴など必要ない、起業する資格、あるいは理論も必要ないのだ。つまりその分野にキャリアのある人を集めていけば、組織ができ、起業もできるということを言いたいだけである。あのKFCのカーネルおじさんでさえも、定年後に起業したのである。年齢に関係なく起業するチャンスがあるということである。

今日参加した講演はいつでも成功者の講演である。失敗した起業家がこの講演に来ることがないのだが、約4000人のこれまでのABSの受講者の経験と横のつながりは本当に将来私にとっても良いネットワークになるものと信じている。

TWITTER

ABS 東京校で起業機会の講義を受けた

February 27, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on ABS 東京校で起業機会の講義を受けた

このblogは2/28に記入している。帰宅が翌日になったからだ。

今日は講義も2回目。起業機会について3時間のレクチャーを受けた。その中で、起業家の素質など前回の復習をまず受け、その後、アイデアの創出方法や創造力についてのレクチャーを受けた。ゆくゆくビジネスプランを作るのであるが、ビジネスプランは資金源を投資家や銀行から得る重要なプレゼンテーションのようなものだ。昨年日本でもあたらしく9万件の会社が生まれたそうだ。しかしその後数年の間に生き残っている会社は10~20社のうち1社だけらしい。ビジネスプランは前提が多くなる。つまりその条件が成り立つと数年後に黒字化になりというストーリーが成り立つのであるが、その前提がないということは、それがリスクになるというのだ。この部分が私の主に得た内容であった。つまりリスクは必ずあるものであるが、それを見通せるだけまだいいわけである。それに対応する方法も事前に考えれば良いからだ。今後ビジネスプランを作成するときに大いに参考になるひとつの項目であった。


TWITTER

マクロ経済学が終わった

February 25, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on マクロ経済学が終わった

今日、最終試験を受けて先ほどこのマクロ経済学が終了した。30分ほどたとうとしているが、頭痛がする。問題が多かったことと、3時間をまるまる使用し、最後の提出時に、メールの送信問題や、BBの問題で数分ロスをしたからだ。しかし受領済みを示すメールもすぐに返ってきたので一安心だ。

今後は5月まで基本的には科目はない。でも5月から始まるフィナンシャル・マネジメントと8月に予定しているネゴシエーションとビジネスプランプレゼンテーションがあるので、前半2つは予習をしなければならない。ビジネスプランはすでに行っていて、月末までに最初のレポートを提出だ。今晩もその打ち合わせがある。でもこれからの2ヶ月は、大学との直接的な科目を通じてのコンタクトがなくなるので、先の科目を意識して勉強を続けなければならない。すべての科目が英語の科目なので、英語の勉強も含めながらやる作業となる。

マクロ経済学はひと月もすれば結果がでるだろう。

TWITTER

ABS 廣瀬氏の講演に参加

February 15, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on ABS 廣瀬氏の講演に参加

ABSの講演、パシフィックゴルフグループ インターナショナルホールディング株式会社 社長の廣瀬氏の講演に行ってきた。最初はゴルフに興味のない私だったので、ゴルフの魅力など話すのかなと思いきや、やはりABS。起業家精神について話をされとても興味深かった。この方は以前ジョンソンアンドジョンソンの社長といえば誰しも知っているのではないだろうか?そして廣瀬氏も60歳前後であるがまだまだ起業精神が豊富である。最後の結びとしては、今が社会システムが変わるときだからビジネスチャンスはいくらでもあるというコメントが印象的だった。中身も濃いものであったが、あえてここでは紹介はしない。それが私の身になって今後の自分の挑戦の礎になればしめたものである。本当に今日は参加してよかったと思っている。

TWITTER

天気が良くても家で勉強とは、トホホ

February 12, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 天気が良くても家で勉強とは、トホホ

今日は一日マクロ経済学の宿題というか、quizやレポートに追われた。quizはマークシートで今日で4回目。午前中に90分でやろうと始めたが、トラブル発生、クイズは30問あり、一問ずつ4択で選ぶごとにsaveを行い次のマークをクリックする。quiz早々、このクリック操作をあやまり、エラーメッセージ。そしてしばらく待つようにと。でもいくら待っても次の画面が出ないので、先生にそのエラーメッセージをコピーしてメールを送信。その後、一から操作をしたところ次の問題が表示。しかしそのときには時間ロス20分あまり、最後の30分で20問もあるという状態で、イライラ感を募らせながら、あてづっぽも入れて最後の1分、まだ3問あった。最後submitを押したら、2秒オーバー。その結果、得点は出たものの、別ウインドウの表示には何も表示されない。

つまり、このシステムにはイレギュラー処理が全く施されていないのだ。これは多くの経験をして、時にはイライラ感も出し、学習するしかないのである。まだ今回は時間ロスしたとはいえ、復帰できたからよかった。bondを受講する方は、特に気をつけてほしい。

午後はtrue・false問題のレポート作成。これもT/Fを書くだけではなく、その理由も書かなければならなかった。でもこのT/Fも問題によってはtrueでもその理由を書かなければならないし、falseではどの単語、キーワードに注目するかでその理由は変わってしまう。これは本来なら1時間ほどでできるらしいが、もう3時間ほど使って夕方には提出した。

今日はこれだけではない。IEがinfoseekメールでうまく動作しない。IE6/IE7両方、別のパソコンで使用しているが、画面が変わらない、あるいはそのアクセスをあきらめてしまい、場合によってはこのような長文を書いても、保存をしないとまた一から書く羽目に。さらにIEの代わりにfirefoxで現在文章を作成しているが、これとinfoseekメールも愛称がわるい。先のように画面を切り替えても表示は完了しているのに、実際の画面には何も表示していない、更新ボタンを何度も押す羽目になっている。これってinfoseekの問題かな?

パソコンで上記のような問題をやったり、ゆくゆく試験もあるが、突然パソコンの電源が落ちともなるとやってられない。いまのところ頻繁に起きていたノートパソコンの電源落ちはbios変更で現象はなくなっている。ただ、本当に直っているのかはだれにもわからない。パソコンの電源が瞬断するときほど怖いものはない。だって何も保存できていないからだ。

本当にこまめに保存しましょう。ファイルはバックアップもとりましょう。

TWITTER

ABSの最初の講義に参加

February 6, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on ABSの最初の講義に参加

ABSの最初の講義に参加。時間は19時から22時までの3時間。参加者は12名。延々と講師の話が続く。最初に自己紹介もあったが、ほとんどが、起業を行なっている、あるいは企業内起業を目指している人ばかりであった。BONDとは世界が違う。BONDは多くの生徒がMBAを取ることだけに集中しているように思える。それは普段のグループワークで、起業という言葉がほとんど出ないからである。とにかく与えられた科目やスケジュールをこなしていけばいづれは卒業できる。しかしABSは内容が違う。姿勢が違う。まだ始まったばかりとはいえ、皆が進行形であるので、そういった影響を受けながら、起業というキーワードで具体的な形が将来できれば良いなと思っている。昨晩は帰りが翌日になってしまったことから、この日記は今昼どきに書いている。

TWITTER

マクロ経済学で小クイズ

January 29, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on マクロ経済学で小クイズ

BONDのMBAでは現在マクロ経済学を受けているが、これにはQUIZと呼ぶ合格点を稼ぐ小問題がある。ひとつは15問/15分、そして30問/90分のふたつ。どちらとも選択問題なのであるが、前半は1問/1分ときつい。後半はテキストを見ながらでも解ける。今日、IE7を今使用しているパソコンではインストールを行なったが、最近このPCの調子が悪く、時々アクセス時にサーバーが見つからないと先に進まないことがある。その理由もあってIE7に変更したが、その安定度もわからない。今日はノートパソコンを使用してIE6で問題を解いた。こちらのノートパソコンは年末年始に数回突然電源が落ちるという問題を持っている。先日サポートの指示でBIOSをアップデートしている。頻繁には使用していないものの、今のところ問題は起こっていない。今回のクイズは一度リセットが入ると二度と受けることができないので本当に慎重にならざるを得ない。今日は一応問題なく終了した。今週はquiz2もあるので、日にちを変えてそれを受ける予定である。たぶん、ノートパソコンで。

TWITTER

今日は大前研一講義を聞きに

January 28, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on 今日は大前研一講義を聞きに

今日は午後から大前研一氏の講義がABS東京校で行なわれた。当初は3時間の予定だったが、Q&Aも含んで4時間もかかってしまった。内容としてはABS受講生向けの起業する心得が中心なのであるが、世の中のこれまでの動きの解説や今後の動きについてのいろいろな情報を聞くことができた。特に力説していたのは、
・googleの仕組みを分析すること
・googleを利用すること
・仲間を作るときには自分と意見が合う人を選ばないこと
・人と異なることをやること、枠にはまらないこと
などであった。
CMでもあったが、2+8=?、1+9=?など日本ではこういった教育だったが、?=10を解きなさいというと無限な解答がそこにはある。足し算しか思いつかない人は頭が固いことになるのである。

講義はまるまる3時間だったが、どれもこれも納得のいくものであって、それをいかに自分のものにして起業をする手がかりになりえるかというところがミソであると思う。googleは普段使用していたが、もっともっと研究すべきサイトであることを認識した。

TWITTER

ABS受講のために開講式

January 27, 2007 資格(主にMBA、BOND-BBTによる) Comments Off on ABS受講のために開講式

今日、BBT(ビジネスブレークスルー)これは大前研一氏が開いている講座の一つ、ABSの開講式に出席しました。総勢60名ほどがこの新しい講座を3ヶ月受講します。私の場合はベンチャー事業創造講座を半年間受けることにしています。今日は伊藤良ニ氏の2020年の世界の潮流という講義がまず1時間半ほどありました。そこでいっているのは、これからの時代は世界相手であり、言語は英語が中心であること。2050年までにはBRICSといわれる国々が経済の中心になるという。そのうち製造業が中国、IT関連がインドということです。日本は言語も含めてこれまでは守られてきたところがありますが、今後はその流れに気がつき、その流れにのらないと生き残れないことを示しているのだと思います。

また高齢化社会、少子化問題、労働人口の減少など明らかに始まっているこの状態に対して、どう対処していくかもビジネスから見るとチャンスでもあります。

この講座の後、親睦会が2時間ほどありました。前回OBOG会に参加してほぼ全員と名刺を交換できましたが、今日はどういうわけかそれが実現できず10名程度で終わってしまいました。それは名刺交換時に話し込むことと、会場が広かったことが上げられます。一度講座が始まると皆さんそれぞれの講座に分かれてしまうので今後は会う機会がほとんどありません。今日知り合った人を通じてさらに広げていくしかないのかなと思っています。

明日は大前研一の特別講座が午後に3時間あります、これも貴重な内容かと思うので参加します。

ABSは今後は再来週の火曜日から夜3時間、隔週で講義が開かれます。現在はBONDのマクロ経済学、ビジネスプラン、そしてABSのこの講座とビジネスプラン作成では共通する講座でもあるのでがんばっていこうと思っています。

しかし、今日参加した人は、社内起業あるいは一からの起業、すでに起業している人など刺激を与えてくれる人ばかりでした。

TWITTER
Page 5 of 11« First...34567...10...Last »
November 2017
S M T W T F S
« Oct    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives