Home » 偽装大国日本 » Recent Articles:

偽装大国日本: 価格競争に技術が伴わない日本の技術力の低さ

May 8, 2016 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: 価格競争に技術が伴わない日本の技術力の低さ

なぜ、よその国の羽毛を混ぜるのか。それは仕入れ価格を下げるためです。ただ、高級車のアストン・マーチンはフィアットの値段では買えないようにフランス 産の羽毛は中国産の値段では買えません。物の値段は品質や管理、製造技術でも違ってくるし、羽毛は自然の物なので量に限りがあり、本物の相場が大きく狂う ことはありません。(ニュース記事より引用)

結局、なんでもかんでも価格競争だからと偽装をして商品の価値を高めそれを客に売っているということ。これがはじめての例ではない。これまでも毎年日本でこれに似た記事がある。

日本には価格競争するにはどこかで偽装をする。それがすでに伝統になっている。 … Continue Reading

偽装大国日本: 企業も国も本来やるべきことをやっていない、でもその問題は伝統、基本を忘れた日本の大企業

三菱自動車の燃費データ不正問題は、かつての不祥事から再生への道筋が付いた直後に発覚した。2000年、04年の2度のリコール(回収・無償修理)隠しなど相次ぐ不祥事で厳しい批判を受けたが、歴代の経営トップは四半世紀に及ぶ不正を根絶できなかった。今後の調査では、益子修会長や相川哲郎社長ら経営陣を含め組織的な関与があったかどうかが焦点になる。(ニュース記事より引用)

今朝のニュース番組でもこの記事でも言えることは企業としてさらに国も基本を忘れている。つまりこれは現状のしくみに問題がある。

まず社内
・開発や技術部隊が製品を開発して燃費試験はかならすやっていたのか
本来技術者は社内規定と国や国際での燃費など多くの検査項目を読んで熟知しているはず。そして普通はそういう規定、テスト方法などがあって、社内基準はそれよりも厳しく設定をする。それがあるのかどうかである … Continue Reading

偽装大国日本: これではVWの問題と同じ

April 21, 2016 ニュースに関するコメント, 偽装大国日本 Comments Off on 偽装大国日本: これではVWの問題と同じ

三菱自動車が燃費試験で不正行為をしていたことが明らかになった20日、水島製作所(倉敷市水島海岸通)は対象車種の生産停止に追い込まれることになった。「これからどうなるのか」―。従業員からは不安や戸惑いの声が上がり、取引のある岡山県内の部品メーカーはブランドイメージや業績悪化を懸念した。(ニュース記事より引用)

結局日本でもVWの不正と同じことをやっていたということだ。

また国交省の管轄ではないか。国交省もVWの問題の問題のときに全国で調査をしていればよかったのかも。国交省は管轄というよりもただ事後処理をしているだけの省庁にすぎない。別になくてもいい存在。だって国交省管轄の問題はなんやかんやと話題になるけど国交省のその後の改革で改善したという記事を見たことがない。 … Continue Reading

April 2017
S M T W T F S
« Mar    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives