Home » Panasonic » Recent Articles:

Panasonic: DMR-BR585に関して問い合わせの結果

June 12, 2011 一般 Comments Off on Panasonic: DMR-BR585に関して問い合わせの結果

DMR-BR585でディジタル放送を記録して気がついたことがある。テレビはアナログ4:3である。

記録時にそのテレビ番組を見ていると上下には黒帯が見える。映像は16:9のまま見えている。これを再生すると4:3になってしまって上下の黒帯びもなくなり、16:9でもなくなる。そこでこの変更を電話で聞いてみた。

結果

仕様でできないと。この原因はこの製品の録画モードにある。普段はLPモードで記録しているが、それであると4:3の画面で記録をするという。よってこれはテレビの種類には関係なく、この製品の問題なのである。高画質液晶テレビに変えても記録する時点で録画モードで変えていると言う。

そこで疑問は、4:3になった時に、サイドをカットしていないかということだ。元の映像の画質だけを落としているだけでなく、サイドもカットしている可能性もあるのである。

この回答にはびっくりした。見た目の映像が、記録時にすでに編集されているとはね。

他に気がついたこと

・決定には2つの意味がある。

それは項目を選んだからという確定の意味と、項目から選択をするという意味がある。普通は決定と書かれていればその選択したものを確定するという意味だと思うのだが、この製品には2つの意味があって混乱をさせる。

・画面切り替え

これもノーマル、サイドカット、ズームとあるのだが、これも日本語の意味の通りに動いてくれない。ノーマルとズームが同じで、サイドカットは上下左右をカットして真ん中を中心にズームインした結果を表示している。よってこの日本語も一般の意味とは違うことに気がつく。

 

 

Panasonic: DMR-BR585でサポートに問い合わせ

April 4, 2011 一般 Comments Off on Panasonic: DMR-BR585でサポートに問い合わせ

先日に引き続きサポートに連絡をした。内容は以下の通り。

・録画中に記録したリストを見ると小刻みに振動する。
これはリストが上下にゆれる現象があった。そこで確認をしたが、リセットをすることに。電源を長押しすると時計のモードに。その後、電源プラグを抜いて1分放置、その後電源を入れると0:00と表示して、その後時計が起動する。これでリセットは終了だが、現象は改善しなかった。でもこの原因は赤白黄のコードとテレビとの接触不良とわかった。

・三菱HDDと比べて画像が暗い
明らかに暗さが目立ち、その輝度などを調整する方法を教えてもらう。でも記録時にはこれが機能しない再生調整がリモコンで可能に。でもこれも何度が再生画面で調整を行なうもほとんど変化が見られない。これはノーマルからソフトにすると濃くなり、それもやっと微妙に変る程度。他のモードもほとんどかわらない。でもこれも原因は赤白黄のコードあるいは配線に問題があることがその後わかった。これは基本はそういうことはありえないのだが、ビクターのテレビの2系統の入力の差にあると認識している。よって記録時には影響はほとんどないと思われる。

・ムーブ時にテレビ画面を表示できない
これも三菱HDDではダビング/ムーブ時にはテレビ画面を見ることができた。ファイナライズだけそれができない。Panasonicではファイナライズをすると設定するとテレビ画面が見れないことがわかった。よってファイナライズとダビング/ムーブを分けて行なえば問題はないようだ。こうしたことが画面上にいくらでも注記を表示できるのにそれがないためにユーザは混乱する。

・LAN接続があるのにソフトのアップデートもできない
これはディジタル放送時に行い、メールでその変更を送るという。そして詳細はインターネットで確認するそうだ。これもなぜ製品だけの完結にしないのか。LANでアップデートをするようにすればいいだけの話なのに。

これらは電話で連絡しているが、取扱説明書にはいろいろ書いてあってもよくわからないからである。専門用語の解説やその操作の仕方がいまいち書き方に問題があって、よくわからない。

Panasonic: DMR-BR585でサポートに問い合わせ

April 2, 2011 一般 Comments Off on Panasonic: DMR-BR585でサポートに問い合わせ

DMR-BR585を購入して1週間ほどだが、使い方が不明のところがあったのでサポートに電話で聞いてみた。以下はその内容である。

・録画をするときのタイミング
これは電源を入れていないときに予約時刻の3分前から赤の録画が点滅することを確認した。3分が長いという気もするが。そしてこの点滅中にStopキーを押すとメッセージがでて録画を止めることもできるという。

・停電での録画
これは予約録画であれば、停電中は録画しないが、停電時で途中復活で予約時間内であれば録画はするそうだ。

・予約の一時中断、保留
これはサブメニューからできる

・編集の制限
例えば3時間番組を録画して、最初の2時間と後半の2時間というようにカットができない。1.5時間、1.5時間など3時間を2つには分けられる。しかし元ファイルは無くなってしまう。

・BS、特にNHKは表示しない
これはアンテナレベルが例えばBS101で0、でもBS161では60ほどと表示するチャンネルもある。日本テレビ、フジテレビも映らない。これは原因不明である。

・電源Off時の外部出力
スカパを外務入力しているが、電源OffではAV信号の出力がないということだ。

・LANで何ができるか
LANをつなぐことでサービスを受けられるというが、まだ試していない。

・オートチャプターを入れる方法
これは三菱のHDDレコーダにはDefaultで15分単位で自動で入るのだが、このPanasonicでは外部入力では入らないという。これは不便である。長時間の番組も早送りか30秒送りしかできない。

 

HDDレコーダの購入検討

March 23, 2011 一般 Comments Off on HDDレコーダの購入検討

これまでは三菱製DVR-HE500を主にDVD-Rへのダビングで使用していたがDVD-RWになってからは、ムーブの失敗ばかりである。そこでパナソニックの製品を検討し始めた。

三菱の製品は古いとはいえ、何かと失敗すると元データは消えたり、ファイナライズも失敗するとディスクも使えず、さらに元ファイルもないというひどい結果を生んでいる。正直、この製品は使い物にならない。

現在はダビング10の仕様で10枚までダビングとムーブもできる。

パナソニックには昨日と今日と質問をお客様相談室に連絡を行なった。ポイントは

・DVD-Rディスクが使えること

・地デジ、BS、スカパーがダビングできること

以下はわかったことである。

・スカパーはダビングはできない。ムーブだけ可能であって元ファイルは消えてしまう。

・パナソニックのムーブと元ファイルの削除はムーブ時に停電などで完了しなければ元ファイルは残る。三菱の製品はこれができなかった。

・ファイナライズで失敗した場合も元ファイルは残る

・DVD-Rディスクでも規格に適合すればダビング/ムーブはできる。

・DVD-RもVR方式でムーブを行なう。これは裏でVIDEO方式からVR方式に変換処理される。

・スカパーは外部入力で信号を入れることになる、製品によっては外部入力がないものもある。

・1チューナーでは同時録画はできない。

・2チューナー以上で番組を同時にすの数だけ記録ができる。

・番組を同時に記録するときにひとつは録画モードを設定できるが、もうひとつは最大画質になるためその後のダビング/ムーブが面倒くさくなる。これは、最大高画質になるDVD1枚にダビング/ムーブができなくなる。よってBDが必要となる。

・HDDに記録したソースをモード変換できるが、これはリアル時間かかるという。1時間番組であれば1時間の処理がかかる。 … Continue Reading

July 2017
S M T W T F S
« Jun    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
free counters
AdvertisementAdvertisementAdvertisementAdvertisement

Archives